Where we belong.=【家を知る・家に住む・この家で生きる】

そして、私たちの「居場所」について。

住まいと性能

耐久性・温熱性能からZEHに至る高性能化について。

壁内・床下、温度や湿気など「見えない」からこそ手を抜いてはいけないリフォームの話。

// 新築でもリフォームでも、完成後に見えなくなって隠れてしまう部分、つまり、壁のなかや床下、天井裏などの施工も大事です。目に見える部分だけをきれいにしても、じわじわと内側から結露やカビが出てきて、やがて構造材を腐朽させてしまいます。温度、湿…

電気代を節約しながら心地よい「室内気候」を実現する「断熱」「輻射熱」という視点。

// 暑い季節は涼しく、冬は少しでも暖かく。住まいは人を守る皮膚であり、衣服であり、シェルター=器としても、多くの機能を求められます。これからは、寒さから人を守り、健康にダメージを与えない暖かさがほしくなる季節。「室内気候」という言葉をはじめ…

暖房も冷房も、扇風機の気流を活用して快適度アップ、光熱費の徹底削減。

// いよいよ本格的な夏。エアコンをフル稼働させる前に、どこの家にでもある古い扇風機を使って、光熱費削減にトライしてみませんか。一日中つけていても、電気代は10円ちょっと。設置する位置や風の角度で、そのまま使っても、エアコンとの併用でも、お部屋…

体感温度と住宅性能の関係を理解することで、快適さと光熱費が劇的に変わる。

// 空気の温度と体感温度は全く違います。聞いたことはあるのですが、実際、ほとんどの人はこのことを理解していません。理解していないからこそ、無駄な暖房、冷房エネルギーを消費し続け、高い光熱費を支払いながら、不快な環境で暮らし続けているのです。…

住まいの寒さや暑さを「熱収支」で考えることで可能になる健康・エコ生活。

// 収支計算は住まいのエネルギーにも応用できます。季節によって、必要な熱と不要な熱を理解すると、エネルギー消費は効率よくなり、快適さも維持できます。計算の苦手な方もおつきあいください。少しの発想の展開で大幅な節約、光熱費の削減もできるのです…

坪単価は誰にもわからない迷宮。建築費は毎月のローン返済+光熱費から逆算する。

// 住宅の広さが延床面積=㎡で示されてもなお、私たちは「坪単価」を建築コストの目安にしてしまいます。しかし、ビルダーや設計者によって、どこからどこまでが標準仕様で、何がオプションなのか、明確な判断基準はありません。「坪単価80万円」を目安にし…

冬の暖房時に外に逃げる熱の約5割が窓からなので、断熱のかなめは窓という結論。

// 窓は通風や眺望の役目もありますが、外からの熱を入れない、室内の熱を逃がさないなど、断熱も大切な役割です。窓から逃げる熱は冬期で屋内の約48%。言い換えると、窓の性能を上げるだけで、劇的な暖房エネルギー削減ができるといえそうです。 Contents.…

屋根にツララがたくさんできるのは、屋内からエネルギーが逃げっぱなしの証拠。

// 日本でいちばん寒いところで、暮らしたことがあります。寒いのは苦手ですが、冬という季節は大好き。雪景色もきれいですが、晴れた日、家々の軒先にズラリと並んだツララは、お日様の光を湛え、まるで水晶のように輝いて見えます。子どもたちの玩具として…

地球環境への負荷を減らし、家族の生命を守る。未来の子どもたちに手渡したい住宅の性能。

// 子どもたちからも地球温暖化危機が叫ばれ、改めて、世界中がエネルギーとCO2削減を見直す機運が高まっています。しかし、日本の家庭分野でのエネルギー消費は増加の一途。懸案だった改正省エネ法の義務化も見送られ、世界中から冷たい視線が注がれている…

1日20キロも吸い込む空気の質に無関心では困るので【計画換気】について。

衣食住のなかでも、日々の「食」と健康との関わりは密接です。1日に2キロ前後も体内に入るのですから、水にも食糧にも健康的な素材は欠かせません。しかし、1日に20キロも体内に取り込まれるものがあります。空気です。空気の質によってはシックハウスも…

クルマやパソコンのスペックは慎重に確認するのに、住宅性能に無関心なのはなぜ?

// クルマを購入する際には、燃費など性能=スペックを確認して、購入します。しかし、人生でいちばん高い買物といわれる住宅建築の際、燃費や耐震性、耐久性、耐火性などのスペックを確認して建築に臨む人は多くありません。残念ながら、日本の住宅の品質は…

暖房も冷房も「輻射熱」を理解しないと快適な温熱環境にはならないという根拠。

// 心地よい暖房は、空気が暖まることで得られるわけではなく、実は輻射熱が大きく関係しています。どんなに寒い日でも、お日様の熱が暖かいのも、輻射熱のおかげ。これからの寒い季節、暖房の基本を少し学んでみませんか。 Contents. 輻射熱に囲まれた空間…

外張り断熱(外断熱)・充填断熱(内断熱)、二者択一の前に考えるべき大切な視点。

// 断熱というと、日本ではまだ馴染みが薄く、関心も低いまま。国が示す住宅の断熱指標も、先進国のなかでは最低レベルのまま現在に至っています。断熱性能を上げることで夏はより涼しく、冬はより暖かくなるのはもちろん、割安な光熱費で健康的な室内環境を…

交通事故より怖い【ヒートショック】による死亡リスクを低減させる。

// 火が消えても長時間、蓄熱し輻射熱を出し続けるストーブも普及しつつある。ストーブの歴史はなんといっても、欧米に見習う部分がまだ少なくない。 北国から雪の便りが聞こえてきました。こんな季節、あたたかな家に帰ると、身体の芯からほっとします。エ…

南側の窓より北側採光に注目。

// 日本の家づくりは、古くから日射や通風など、自然エネルギーを巧みに利用してきました。しかし、住宅性能の向上とともに、ときには日射を遮断し、気密を得ることも重要となりつつあります。なかでも、南面の開口部を大きくとることで生じる問題も注目され…

室温・体温を上げるだけで家の寿命が伸び、住む人が健康になれるという裏付け。

// 涼しい風を頬に感じたら、秋はもう目の前。冬の気配も、ゆっくりと足元に忍び寄ってきます。身体が冷えると、風邪をひいたり、体調がすぐれない日も増えていくのが憂鬱なところ。外で冷え切った身体を暖めてくれるはずの住まいが、寒さや結露まみれでは、…

リフォーム・リノベーションは「予防的改修」を視野に入れる。

// リフォームといえば、畳や襖の交換から、古くなった設備の更新、増改築まで工事内容はさまざま。英語圏では「reform」を建築用語として使用することはなく、「住まいの改修」に関しては「renovation」や「remodel」が多く使われます。欧米と比べ、日本の…

地震国・日本で生き抜くための家や保険、そして困難を乗り越える覚悟について。

// 世界でも有数の地震国・日本。地震を予知することは依然難しく、思いもよらない地方で大きな地震が頻発しています。どこに住んでも、地震が起きることを前提にすれば、可能な限りの備えが家族を守ることにつながります。どんなことを、どう備えればよいの…

風が抜ける家、風通しのいい関係。

// どんなに空調設備や換気システムが進化しても、窓を開けたときに感じる自然の風の心地よさにはかないません。高断熱・高気密住宅がスタンダードになっても、四季折々の風が感じられる家が素敵です。家を抜ける風、注目のパッシブ換気、風通しのいい人と人…

軽自動車に乗って初めてわかった「経済性」と「しあわせ」と「ゆたかさ」のこと。

// 大きなクルマ=2000ccSUVから軽自動車に乗り換えて6年目。当初、乗り心地、安全性などに不安はあったものの、乗ってみればSUVに負けない快適な運転ができることがわかりました。安全装置も進化し、少し速度を落とすだけで、高い安全性を確保できる可能性も…

ペンキ屋さんが教えてくれた「色」の話と「ありがたい」話。

// 色には温度もあり、重さもあり、心理的に与える効果も数多くあります。お世話になったペンキ屋さんからうかがった色の「講義」は、いまも大事な宝物です。中学を出てから70年近くにわたり、黙々と現場から学び続けた職人さんの、珠玉の言葉とその生き方。…

地震国だからオール電化住宅はどうなんだろうという不安への一つの回答。

// 地震で停電が長引くたびに必ず流れるのが「オール電化住宅は災害に弱い」というニュース。停電になったら、調理もできないし、冷暖房もストップ。給湯も使えないから不便だ――という理由なのでしょうが、停電になったら、灯油のファンヒーターもガス給湯器…

生命の視座から見つめる日本の省エネ基準、住宅性能、住宅寿命への考察。

// 日本の住宅寿命は30年前後。欧米諸国の数分の1しかない短命な住宅のためにローンを組み、世代を超え、住宅のために働き続けます。近年「100年住宅」という言葉を耳にしますが、まだまだ実現までは遠い道のり。また「100年」には憧れても「1000年住宅」は…

植物がたくさん育つ庭では「微気候」が生まれ「涼」を家に導くことができるという話。

// 気候には、大・中・小、そして微気候があります。微気候というと難しく聞こえますが、わかりやすくいうと、庭や樹木、植物などがある地面近くで発生する気候のこと。私たちのごく身近にある小さいけれども確かな気象でもあり、これを利用すると自然で心地…

暑さを防ぎ、冷房効果を上げる即効対策。

// 暑い夏は、まずエアコン。しかし、帰宅してすぐにスイッチを入れても、なぜか涼しくならない感じはしませんか。涼しさを得る基本は、まず日射を室内に入れないことと躯体の断熱、そしてエアコンの連続運転なのです。 Contents. 日射を遮る暑さ対策の基本 …