Where we belong【家を知る・家に住む・この家で生きる】.

そして、私たちの「居場所」について。

誰にもわからない「坪単価」。

 

 

 

f:id:akadk01:20190617202035j:plain



計算次第で高くも安くも

チラシでよく目にする「坪単価」。

「坪単価で家の値段を判断してはいけません」と、あちこちで書かれているにもかかわらず、ついつい業者さんに「おたく、坪、ナンボですか」と聞いてしまう「坪単価」。

 

ご存じのように、1坪(約3.3平方メートル)当たりの建築費を示すもので、わかりやすくいえば、本体価格を延床面積で割った費用のこと。

本体価格3000万円、延床面積30坪の家は坪単価100万円ということになります。

 

大きな勘違いをしてしまうこともあります。

同じ延床面積でも、総2階の形状と凹凸の多いデザインとでは、後者のほうが高くなります。

凹凸が多くなればなるほど、外周が長くなります。

手間賃が違います。

材料費が違います。

 

屋根は片流れより、入母屋などが複雑になる分、施工コストが高くなるのは当然。

出窓などを1つ設けるだけで坪単価はぐっと上がってきます。

 

手間がかかるのですから当然です。

 

A社の「当たり前」つまり標準仕様がヒノキ風呂で、B社の「当たり前」が二流メーカー製ユニットバスだとしたら、A社の坪単価はびっくりするくらい高いのはおわかりになるでしょう。

 

会社それぞれのスタンダードがありますので、何が標準仕様で、どこまで価格に含んで提示しているか。

実は、バラバラなのが実情なのです。

 

ロフトや小屋裏収納などは延床面積に含まれませんが、そこを床面積にカウントすれば、単価は下がります。

ベランダや玄関ポーチなどをカウントするビルダーもいれば、あらかじめ生活面積から除外して坪単価を表示するビルダーもあります。

良心なのか計算なのか、読めません。

 

 

40坪・坪単価50万円と記載されていたからといって、30坪、50坪の家にもあてはまるも限りません。

25坪の家では坪単価は高くなり、60坪の家では安くなります。大きな家は、坪で割ると安くなるのは当然。

小さな家も大きな家も、ふつう、お風呂、キッチン、玄関の数は一緒だからです。

 

でも、いつもそうとも限りません。

設備の数、グレード、ビルダーのメーカーや建材業者との取引実績でも卸価格が違ってきます。

ほんとうに、めんどくさいですね。

 

ハウスメーカーの規格住宅は、規格を決めることでコストダウンを図っていますので、少しでも規格外が入り込むとコストが高くなるのは当たり前。

オプションが多くなれば、同じ面積でもコストアップになりますし、完全注文住宅と規格住宅とでは設計などのコストが加算されます。

坪単価50万円だったはずが、最終的には90万円だったといった話は、どこにでもあります。

 

内装や設備、建具などのグレードによっても坪単価は大きく異なります。

 

外構費や電気・水道・ガス工事費、電話の引き込み線、照明代やカーテン・ブラインドまで含んで算出してくれるビルダーもあれば、それらを度外視して、本体価格のみで「坪単価」の安さをアピールするビルダーもあります。

 

水道、電気、ガスなどのライフライン工事が全てオプションで、坪単価35万円のはずが結局80万円になったという話もよくあります。

 そこに外溝がはいると、もっと複雑になってきます。

 

チラシの隅っこに書かれている「別途工事費」の何が「別途」なのか。

 

ローンの手数料、税金、地鎮祭・上棟式費用といった「諸費用」はいくらくらい必要なのか、暖冷房設備は何台までが標準仕様なのか、システムキッチンやユニットバス、カーテン・照明、造り付け家具などのグレード・数などなど。

「坪単価」だけでは家の予算は立てにくいので、ほんとうに困ってしまいます。

 

 

 

f:id:akadk01:20190617172126j:plain

ロフトや小屋裏を床面積に入れて計算するか否かだけで坪単価は大幅に違ってくる。

 

結局、ナンボの坪単価

30坪の家を建築するとします。

両者とも仕上がりは同じ程度と想定しましょう。A社は坪単価60万円で、引っ越し当日から生活ができる状態です。

 

B社は坪単価55万円のふれこみですが、カーテン+照明器具(60万円)、水道・ガス工事・その他設備のややグレードアップ等(200万円)の条件とします。

スタンダードながらも、門扉も含んでいます。

 

A社:30坪×60万円=1800万円

B社:30坪×55万円=1650万円 

1650万円+60万円+200万円=1910万円

と、実際には、A社の方が100万円以上も安いことになります。あくまで仮の単純計算ですが、条件が違うと、こんなに違ってくるのです。

 

 

 

延床面積で割って表示すべきところを、吹き抜け・玄関ポーチ、外部やベランダ・小屋根・ウッドデッキなどの面積を加算して、坪単価を安く見せるビルダーも多く、坪単価はやっかいです。

同じ面積でも、2階にトイレや洗面を付けた場合、そのグレード、コンセントの数、照明器具の種類や数によっても異なります。

 

ご自分の好みで、ネットで取り寄せた洗面台や照明を取り付けてもらったが、最初の見積より逆に高くなったという話は珍しくありません。

 

標準仕様からはずれることで坪単価が大きく動くこともあるのです。

 

ビルダー側にすれば、途中でイレギュラーが発生すると、コストを上乗せしたい気持ちもわからないではありません。

スケジュールの変更により、その日の人工(にんく)もコストも違ってくるからです。

 

確認申請料、図面作成料、性能保証機構登録料、残土処分、産廃処理費などの細かな費用まで加算すると、いっそのこと「全部まとめてナンボですか」がわかりやすいこともあり得ます。

 

f:id:akadk01:20190617172233j:plain

玄関ポーチや食品庫、キッチン収納なども坪単価に入れるのかどうかもビルダーの判断によることが多いので、要確認。

 

 

ローン+光熱費/月で判断する

毎月のランニングコストがいくらかかるのかを確認することも忘れてはなりません。

冷暖房・給湯だけで家庭内消費エネルギーの6〜7割。

坪単価を値切って月々の支払いは安くなっても、光熱費との合計金額が高くなっては意味がないのです。

 

光熱費は、ローンが終っても、生涯ついて回るのです。

 

言い換えれば、暖冷房設備・給湯設備のグレードでとやかく悩むことより、こちらについても「その日から生活できる状態で、全部まとめていくらかかるのか、光熱費を含め、月ナンボかかりますか」と確認することが大切なのです。

 

光熱費の試算を簡単にできるソフトは、ビルダーが持っています。持っていないビルダーは、光熱費など、どうでもいいと思っているとみられて当然です。

 

その際は、寒さ・暑さを我慢してナンボではなく、24時間、全館暖冷房、ふつうにお風呂も入って、食器も洗ってのナンボです(下記参照)。

 

www.ienotomo.com

 

 

月々の支払いは、必ず、住宅ローン+光熱費(全館・連続冷暖房で試算)の合計で考えないと、坪単価は判断ツールになりません。

 

このブログで何度もアプローチしてきましたが、住宅にも「性能」があり、私たち生活者はクルマの燃費を知るのと同じように、住宅の基本性能を数値で知る権利があります。

 

 

 

性能値はもちろん、年間冷暖房費のシミュレーションをし、1棟1棟、気密測定をして目標値を確認します。

 

仮に目標値に達しない場合は、引き渡し前に何度も施工精度を確認するような、誠実なビルダーの多くが苦戦を強いられています。

 

何年もの間、そうした誠実なビルダーと生活者の間に立って情報を編んできたつもりですが、自分の力不足を認めるほかはありません。

 

これが日本の住宅業界の現実なのです。

 

安易に近道だけはするまいという覚悟が必要なところは、家づくりと人生はよく似ています。

 

www.ienotomo.com

 

 

まとめ

 

1.同じ面積でも総2階と凹凸の多いデザイン、屋根は片流れより、入母屋などの方が施工コストは高くなる。
 
2.ロフトや小屋裏収納などは延床面積には含まれないが、床面積にカウントすれば単価は安く見える。
 
3.規格住宅でもオプションが多くなれば、同じ面積でもコストアップになり、完全注文住宅では当然、坪単価は上がる。
 
4.外構費や電気・水道・ガス工事費、電話の引き込み線、照明代やカーテン・ブラインドまで含んで算出してくれるビルダーもあれば、あくまで本体価格のみで「坪単価」の安さをアピールするビルダーもある。あくまで、「引っ越しした当日から生活できる状態」で見積することが大事。
 
5.月々の支払いは住宅ローン+光熱費で計算する。坪単価が安い住宅でも性能が低く、省エネ性能が低ければ、光熱費にそのまま跳ね返る。
 
6.結局、どんな坪単価になろうとも、耐震性、断熱・気密性などは数値の裏付けを明示できるビルダーを選択する。

 

 

f:id:akadk01:20190617171136j:plain

 

おすすめ文具

仕事柄、たくさんの事務用品を使います。

なかでも、最も使用頻度の高いものが筆記用具。鉛筆は2B、ボールペンは黒でも赤でも極太と決めています。

目の前にあるペン立てには、すぐに取り出せるように、ボールペン黒と赤各1本、2Bの鉛筆1本、万年筆1本、サインペン1本。

目を閉じて手を伸ばしても、必要な筆記用具がわかるよう、あれこれ入れないのがコツです。

 

取材の現場では、相手が発する言葉に合わせてメモをとります。

全ての言葉をメモするわけではなく、キーワードのみを瞬時に見極め、それを抽出したもののみメモします。

細字のボールペンではペンがスムースに走りませんし、複雑なデザインのものも、持つ手ばかりか腕まで疲れてしまいます。

結局、どんなボールペンがいいかというと鉛筆同様、10年20年と変わらない、単純なデザインのものが残ります。

 

 

 

 
 

単純なものって、なかなか人目をひきませんね。何十年も前と同じデザインの鉛筆やノートを「カッコいい」と感動してじっくり眺める人はいないでしょう。

 

大事なことは、その単純さと変わらないもののなかに偉大な「カッコよさ」を秘めつつ、究極ともいえる機能性を有していることです。

たかが鉛筆、ボールペンとはいえ、その形状が流行に左右されず、数十年もの時間にも洗われながら、のべ数十億、数百億人もの評価に裏付けられ、生き残ってきたということもできます。

 

家のデザイン、設備のデザイン、インテリアにも同じことがいえます。

 

ほんの10年前にはカッコよかったはずの家やインテリアが、いまはもう、振り向きたくもないほど古びて見えるのは、そこに「単純でないこと」が必ず内包されているのです。

 

お金をたくさん出せば、いいモノが買えるのは当たり前と言い切れるほど、国際社会は、おおよそ誠実に、モノの価値と値段を比例させています。

特に日本のメーカー製のもので裏切られることはほとんどありません。

 

毎朝、仕事の前に必ず、取材や資料の整理をします。

そのときに、いちばん手に馴染み、書き味がよく、インクもかすれない、しかも1000円で購入できる世界に誇る1本です。

1000円だからといって書き味に妥協していないのは、老舗メーカーの意地でもあるのでしょう。

オレンジとブルーを持っています。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村