Where we belong.

家を知る・家に住む・家で暮らす、そして私たちの居場所について。

南面採光だけで満足しない。

 

 

 

f:id:akadk01:20190521153108j:plain

 

窓から熱を得るのは昼間だけ

日本の家は南面の開口部を大きくとるのが特徴です。南面の壁全体が開口部のような家がいまもたくさん建てられています。

 

都市部でも、建売住宅やマンションの広告を見ると「南面リビング」をPRする物件が根強い人気。アパートも「日当良」は基本の基本というのはしかし、日本ならではのものかもしれません。

 

日本より緯度の高い欧州では、東向き、北向き、西向きとバラバラであることに気付きます。道路に向いて建っているのが特色かもしれませんが、日本の家ほど南向きにこだわっていないことだけは確かです。

 

しかし、いくら天気のいい日でも、採光・熱の取得といったメリットが享受できるのは昼だけ。夜には昼間に取り込んだ以上の熱が、大きな窓から出ていってしまうのです。

古い時代の窓で、窓の面積が大きければ大きいほど、熱が逃げる量も多く、朝には外と同じような室温になっている、そんな経験をしてきた人も多いことでしょう。

 

開口部の面積をとればとるほどに、屋根を支える力が弱くなります。壁よりも窓のほうが支える力がないことは明白です。

大きな地震の際など、テレビを観ていると、倒壊した建物の多くが開口部の面積の多い部分から前のめりで倒れていることがわかります。耐震性の面でも壁のように窓を連ねることの危険性がおわかりになるかと思います。

 

そして、南向き、大きな開口部のほとんどが掃き出し窓。そこには、出入口と通風・採光用の開口部と壁との役割を曖昧にしてきた、日本の家の原点が見えてきます。掃き出し窓が悪いのではありません。これだけ伝統的な住文化が希薄になっているのに、なぜ窓のかたちが昔のままなのか、が不思議なのです。

 

 

 

 

掃き出し窓でも掃き出しにくいゴミ

掃き出し窓は「窓」なのに、出入りができるドアみたいな窓です。縁側があって庭先とアクセスする名残でもありますが、文字通り、掃除の際にゴミや埃を外に掃き出す目的もあるのでしょう。

 

しかし、サッシの溝の凹凸がバリアになって、箒を使ってゴミやホコリを掃き出すことは難しく、掃除機を使っても隅々までゴミを吸い取ることはできません。拭き掃除も困難です。

庭先に洗濯物やお布団を干すときのために必要、という人がいますが、1人が洗濯物やお布団を抱えて出るには、ドア1枚程度のスペースがあれば十分です。

にもかかわらず、なぜ、大きなガラスが2枚、4枚とあって、根強い人気なのでしょうか。問題はそこです。

 

家は夏を旨として建て、冬は南から太陽光を採り入れる。

そのために開口部は大きければよい、といった考え方、出入りのない部分まで大きな掃き出し窓にしてしまうといった考え方が、長い歳月をかけて根付いてきた。だから、私たちは何の疑問もなく、昔ながらの窓を用いながら、生活だけは「和」を否定して洋風に変化させてきたともいえます。

 

f:id:akadk01:20190521153103j:plain

トップライトは外国製のものが多かったが、近年は国産メーカー製も多く普及。断熱性能でもひけをとらないようになったきた。




 

日射をコントロールする方法

これまで日本の家には、熱を蓄えるといった発想はありませんでした。南面からの日差しは日が照っているときだけ満足できるもの、大きく薄っぺらな窓は、夜になると、あるいは冬になると、日差しの何十何百倍もの熱を逃がしていたのです。

 

逆に、近年のマンションなどでは、南面採光のリビングにこだわりすぎることで、夏は蒸し風呂状態となり、高い冷房代を余儀なくされます。

日差しを取り込むばかりで「遮へい」など日射を制御することがあまり考慮されていないからです。

日射は「取得」と「遮へい」の両方向でコントロールが大切ですが、古くは庇や軒にお任せして、窓そのものでどうにかしようとする発想はあまりなかったのかもしれません。

先にも述べましたが、「和」のDNAを維持しつつも、私たちはほんとうの「洋」も知ることなく、馴染めないまま宙ぶらりんの住宅文化のさなかにあるといってもいいでしょう。

 

もう一度、原点に還ります。

そんなに南からの強い日差しが必要でしょうか。すがすがしい空気と朝日が入る東向きの居室がいいですし、書斎のように明かりがほとんど入ってこない空間も落ち着きます。北側に素敵な眺望があれば、それを諦める必要はなく、大きな開口部を設けるべきです。

 

日中、南からの強い光が差し込むと、テレビが見えにくくなり、カーテンを閉めてしまいます。窓のそばでは強い光に目がくらみ、新聞も読めず、読書もできません。かつては縁側という緩衝帯がありましたが、それを失った建築での南面採光は、デメリットも多いことがわかります。

 

たくさんの日射を取り込むことと同時に、多くの熱が逃げる。だから窓の性能にもこだわる、という発想が私たちには欠けていたのです。

窓の性能を上げれば、北側でも大きな開口をとれますし、南側を特別扱いすることもありません。

問題は、窓を取り付ける方角ではなく、窓そのものの(正確にはサッシを含めて)性能だったのです。

 

 

 

 

終日安定した光は「北側」にあった

敷地に制限がある、隣地に建物があり採光が制限される場合、あえて北側に性能の高い窓を設けて、終日、光を確保することもできます。

直射日光ではない分、温度上昇は少なく、夜明けから日没まで一日中光が安定しているのは、意外と知られていないメリットです。

1階でも2階でも反対の方角の窓を開けることで、効率のいい換気通路をつくることもできます。

 

天窓

北側の天空光は終日安定した光。


 

f:id:akadk01:20190506092906j:plain

断熱性の高い開口部を北側に設けて安定した採光を確保する。南面採光と違って、まぶしくない、穏やかな光で空間が満たされる。

 

隣家の距離が近い、設計上大きな窓が難しいときなどは、天窓(トップライト)という選択肢もあります。

外国の童話では、屋根裏部屋や2階に天窓がある場面がよく出てきます。日本の家でも、吹き抜け上部に設置するなどすると、屋内全体に光を配ることができます。寝室の北側に設置すると、ベッドに横になりながら、星空を観賞することもできますのでおすすめです。

 

同じ大きさの窓でも、壁に取り付けた窓に比べ約3倍の光を得ることができ、窓の開閉は手動・自動の両方がランナップされています(ブラインドも手動・自動の両方があります)。

 

天窓に関しても、やはりヨーロッパが先進的で見本が少なくありません。私の取材したなかでは圧倒的にベルックス社製(デンマーク 1941年の創業)が多く、欧米ではでトップシェアを維持しており、施工実績がけた違いです。

展示場に行く機会がありましたら、「北」の光について確認することをお忘れなく。

 

 

www.ienotomo.com

 

f:id:akadk01:20190521081533j:plain

トップライトは壁面の開口部と比べ、同じ大きさでも3倍の採光。

 

おすすめ図書

 

土曜日の夜が来て 

ごはんの時間になったけど 

おばさんは 起きてこなかった。 

ネコが ニャーと鳴き、 

スズメが チイといい、

キツネは いった。 

「ねむっているのよ」 

クマは いった。 

「ねかせておこう」

 

 

イギリス児童文学界を代表する、エリナー・ファージョンとエドワード・アーディゾーニのコンビによる詩物語。

森のそばで、一人貧しく暮らしていたマローンおばさん。誰一人おばさんを訪ねる人はなく、心にかける人もいませんでした。

 

ある冬の月曜日、みすぼらしくて弱りはてたスズメが1羽、窓辺にやってきました。おばさんは「あんたの居場所くらい、ここにはあるよ」とスズメを抱いてつぶやきました。

火曜日の朝、おなかをすかせ、棒切れのようにやせこけたネコが、水曜日には6匹の子ギツネを連れた母さんギツネが、そしてクマが…。

 

 「あんたがたの居場所くらいここにはあるよ」

動物たちには居場所が与えられますが、おばさん自身の居場所はわからないままです。

 

土曜日の夜、愛情を受けた動物たちにみとられてマローンおばさんは天国に旅立ちます。ロバの背に乗せられ動物たちと進む光景は、神様の世界への旅立ちを象徴しているかのようです。

 

天国で「だれだね」と迎える神様に向かって、ロバにスズメ、ネコにキツネにクマは声を揃えて叫びます。

「ご存じないのですか、(神さま、お恵みを!)わたしたちの母さん、マローンおばさんを。貧しくて、なにも持ってはいなかったけど、広く大きな心で わたしたちに居場所を与えてくれました」

原文では、物語の最後で神様が、マローンおばさんに、こんなふうに語りかけます。

 

 「There's room for another One, Mrs.Malone」

 

大丈夫、どんな人にも必ず「居場所」はあるんだよ。

つらいこと、かなしいことがあったときはいつでも、そんなふうに語りかけてくれる絵本です。

 

マローンおばさん

マローンおばさん

  • 作者:エリナー・ファージョン/エドワード・アーディゾーニ
  • 出版社:こぐま社
  • 発売日: 1996年10月

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村