Where we belong.

家を知る・家に住む・家で暮らす、そして私たちの居場所について。

粟の種ほどの涙

// ねずみ女房は、夫と子どもたちの世話に明け暮れていました。ある日、ねずみ女房の住む家に野生のハトが捕えられ、部屋の鳥籠に入れられます。 ねずみ女房は、毎日のようにハトの籠のそばまで通い、空や風や雲、森や梢、草の露など外の世界の話を聞きます…

「手間」をかけるということ。

// アメリカ人とドイツ人と日本人の食文化 我が家にホームステイしていたアメリカ人のジム君が、ある日、「1日に3度も火の通った熱い料理を食べるなんて合理的じゃない」といったことがありました。 料理に合理的とか合理的じゃないとかあるんでしょうかと…

暑さ・寒さ・耐久性をリフォームする。

// 数百年スパンで住み継がれるヨーロッパの住宅 ヨーロッパを旅すると、古い建物がたくさん残っていることに気づきます。大半はいまも現役で、住宅や店舗、オフィスなどとして利用されているのです。 今日のBSプレミアム「世界ふれあい街歩き ちょっとお散…

「35坪の家がほしい」の広さの根拠は?

// 家づくりの希望を500出してください 関西のある街。 セミナーの講師として呼んでいただいたときのことです。 いつも通り、約2時間の話を終えたあと、60代のご夫婦に「ちょっと相談があるのですが」と引き留められ、その場でお話をうかがうことになりまし…

本棚の整理は「再読」から始める。

// 蔵書がカビだらけになる理由 本好きの人は少なくありません。 新築やリフォーム計画時には、自分の書斎とまではいかなくとも、できるだけたくさんの書棚を設け、毎日本を眺めながら暮らしたいと望む人もたくさんいます。 書棚をたくさんほしいという人は…

知っていれば得をする「バリアフリー」の考え方。

// 新築の家にもたくさん隠れている「バリア」 取材で新築の家におじゃますると、たくさんのバリアが目についてしまうことがあります。 繰り返しますが、新築で、です。 ちょっと腰を痛めただけで、靴を脱いだり履いたりできそうもない玄関。片足をのせた瞬…

プランニングで使えるキーワード50。

// 建築のプロをめざすと失敗する 家づくりはつらい作業の連続です。 知人のなかには一時的に精神状態が壊れる寸前になった人もいれば、家を建てて引っ越しをし、その1カ月後に離婚した夫婦、3年がかりで計画をして完成した2世帯(3世代)住宅に移り住ん…