Where we belong.=【家を知る・家に住む・この家で生きる】

そして、私たちの「居場所」について。

丁寧な暮らしがつくる【きれいな家】。

  

 

 

Photos by Sweet Potato..

 

Contents.

 

 

 

 

神は細部に宿る、という言葉があります。英語では【God is in the details】。フランスの作家ギュスターヴ・フローベールの言葉で、ドイツのモダニズム建築家ミース・ファンデル・ローエが標語として使用していたことから広まりました。文字通り、ディテールを大切にするからこそ、全体が美しくなる。論理の細部を維持することで、論理の全体が機能する、などの意味で用いられます。家づくりや日々の暮らしにも同じことがいえそうです。引き出しの中を片付けるだけでデスク全体がきれいに見えるように、隠れた部分、細かなところにまで気を配った家や暮らしから【きれい】が醸し出されてくるのです

 

ゆっくりと呼吸をさせてくれる家

こんにちは、と玄関に入った途端、「いらっしゃい」と明るく出迎えてくれる家もあれば、ツンとすまして、のっけから訪問者を相手にしないような家もあります。

 

リビングに入ると、なぜか眠たくなるような家もあれば、そこにいるだけで空間が身体にまとわりついてくる家もあります。

 

生活のきれいな部分だけが強調されている家もあれば、きたない部分だけが目に入る家もあります。

 

家は、さまざま。

 

眠たくなるような家は、そこに住む家族もどこかおっとりとしていて、嫌味のない人が住んでいることが多いものです。

訪問者にも、ゆっくり、呼吸をさせてくれる家です。

 

ツンとすましている家は、デザインはきれいでも、人の気配のない家が少なくありません。

いわば、展示場のような家。

きれいなのですが、冷たくて、近寄りがたい。

 

生活のきれいな部分が強調されている家とは、家事、トイレ、浴室、くつろぎ、就寝など、あらゆる生活の細かな場面が整えられた家。

きれいな装飾がある、高級なインテリアというのではありません。

整える、という所作の想像できる家。

 

食器や鍋を眺めるだけで、調理の過程がイメージでき、料理の盛り付けまで想像できる。

キッチンに並ぶ、あるいは吊るされた調理器具から、その家の食事の風景が見えてくる家もあります。

 

余計なものが排除され、それでいて棚に野の花が一輪、さりげなく飾られている。

家族の「うち」への思いやりがそんなふうに感じられる家は、インテリアに数百万円を費やす家にもまさる【きれい】を湛えています。

 

家のかたち、インテリア、家具のあれこれではく、一つひとつの場面を丁寧につくり、生活している家族の姿を想像するだけで、うれしい気持ちになります。

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

 

Photos by Sweet Potato..

 

Photos by Sweet Potato..

家の前で摘んだ野の花を玄関に飾る。きれいに生活しようという気持ちで、お金をかけなくても【きれい】を醸す。

 

 

食器棚の「取っ手」にこだわる

先日、取材でおじゃましたお宅の奥様に「いちばんのお気に入りはどこですか」と尋ねると「食器棚の取っ手」という答えが返ってきました。

 

取っ手とは、引き出しにある、あのポッチの部分。

 

取っ手に手をかけるとき、手の甲を下に向け、人差し指と中指の2本でそれを引き出す人。

手の甲を上向きにし、親指を含む3本の指で引き出す人など、さまざまです。

 

奥様は3本の指を使うのがクセで、取っ手というよりポッチのほうが使いやすく、自分の手の形状や大きさ、使い具合に合わせたものを選ぶのに「ほんとうに苦労をしました」といいます。

 

いわれるまで気づきませんでした。

確かに、食器棚も洗面の収納も、作り付けの収納は、ほとんど全て奥様の選んだポッチに統一されています。

 

意識して眺めると、きれいです。

意識しないと、個別には見えてきませんが、収納を取り巻く全体が【きれい】を主張しているかのようでもあります。

 

男性中心のビルダーではなかなか気づかないところですが、奥様からの要望を受け止め、ポッチ探しに尽力したビルダーも、偉いなあと感心したものでした。

 

 

 

 

 

www.ienotomo.com

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

 

 

洗面所はモザイクタイルできめる

奥様が、もう一つこだわったのが、洗面所。

当初は大工さんにフレームだけつくってもらい、市販の洗面器でシンプルにと考えましたが、ある内覧会でモザイクタイルの洗面所を見て、一目惚れしたといいます。

 

モザイクタイルとは5センチ角前後の小さなタイルで、磁器やガラス、天然石など素材も豊富。

 

かたちやサイズの種類も多く、素材によって質感、色、光の反射具合などが異なりますので、組み合わせ次第で、どんなデザインにもできます。

値段もピンキリで、極端な話、モザイクタイル風のシール素材まであるようです。

 

洗面所は水が頻繁にかかる場所でもあり、掃除のことも考えなくてはいけません。

 

掃除やメンテナンスを優先すると、シンプルを通り越して、面白くもなんともない白っぽい印象になるのが洗面所。

 

鏡と洗面器の間、壁の水のはねる部分だけなど、全面でも一部でもモザイクタイルにするだけで、空間のアクセントになり、掃除もしやすくなります。

 

特に男性は、洗面所の色合い、掃除のしやすさなどまで意識が及びませんので、こうしたディテールは、めんどくさがらずに、女性の希望や好みに耳を傾けることが大切です。

 

洗面所だけでなく、ニッチや棚の一部でもモザイクタイルをアクセントで使ってみる。

 

 

生活は数百数千の動作の集積

掃除機をかけるだけでも、それを収納から取り出し、コードを引き出し、コンセントに差し込み、スイッチを入れ、グィーンと掃除を始める。

 

新居での生活が始まると、掃除をするだけで、はっと気づくことは少なくありません。

 

収納の広さ、取り出しやすさ、棚の有無、コンセントの位置・形状・色、表の動線・裏の動線、掃除のしやすい部分・掃除機の届きにくい部分、音の響き、窓を開けるときの動作、網戸の形状、窓のカギ、開閉のしやすさ、2階への移動…などなど。

 

家事を含めると、生活は数百数千の動作の積み重ねであることがわかります。

取っ手のデザイン一つとっても、それが自分にフィットするかどうかで、一日の気分が変わることもあるでしょう。

 

生活の場面を細かく見据え、動きやすさ、触感、色彩などを突き詰めていくと、空間全体がきれいに見えてくるから不思議です。

 

「いらっしゃい」と、訪問者を心地よく出迎えてくれる家の多くは、そんな家です。

 

家はビルダーがつくるのでしょうが、「うち」は人がつくります。

 

 

  

Photos by Sweet Potato..

 

www.ienotomo.com

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。コメントを頂戴した方にも、感謝いたします。

80代の読者から質問がありました。「広告を押してしまったが、どうなるのか不安です」。このブログに掲載されている広告は全て、どれをクリックされても安心です。もちろん、クリックしなくても大丈夫です。

お気づきかと思いますが、毎回、おすすめの絵本を文中に挟んでいます。アフェリエイトになっていますが、こちらもどれをクリックしても安全です。アマゾンで内容やレビュー確かめるだけでも楽しいです。今回は3―5歳を対象に選んでみました。

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村