Where we belong.=【家を知る・家に住む・この家で生きる】

そして、私たちの「居場所」について。

【クリスマス/心の空間】=サンタクロースを住まわせる部屋を持てる人。

 

 

 

 

 

 

f:id:akadk01:20201224102956j:plain

雪の日、寒い日が続いています。こんな日、あなたがふと思い出すあたたかな時間、あたたかな場所って、どんなのですか。あなたの家にサンタさんがきっと来ますように。
 

Contents.

 

炎と体温の記憶をたどれば

あたたかな、と聞いて、思い出すのは二つの場面。

一つは、茶の間の真ん中に置かれた石炭ストーブ。厳寒期にはマイナス10℃にもなる私の育った故郷では、11月のはじめから石炭ストーブの火を昼夜絶やすことはありませんでした。

 

昼間はストーブの口を大きく開けて空気がたくさん入るようにし細かな石炭をくべて、強い勢いで燃やしますが、夜は大きな塊のものを選んで火持ちをよくし、それが朝にまでぽやぽやとゆっくり燃えるよう、ストーブの口を萎めて燃やすのです。

 

夜、家族が寝静まったあと、闇のなかで炎が動く音が静かに家のなかに響きストーブの口や蓋の隙間から炎の灯りがゆらゆらと部屋のなかに拡がる光景がとてもきれいで、私のなかではいまも冬のわが家の原風景となっています。

 

もう一つは、父の体温です。

寒い冬の夜、父は子どもの私に「こっちに来い」といって自分の布団に私を招き入れ、自分の足で私の両足を包み込み、あたためてくれました。

 

このときの足のすね毛の感触がいまもはっきりと自分のなかに残っているのです。

父が夜勤のときなどは母が代わって同じことをしてくれましたが、すね毛の分だけ父の足のほうがあたたかく思えたような気がします。

 

www.ienotomo.com

 

f:id:akadk01:20201224103103j:plain

 

 

 

 

 

 

 

数字に変換できない大切さ

心が癒されるような、思い出の時間、あるいは場所。

それらは案外、特定の時間や場所ではなく家族や私自身を取り巻く、何か全体的なもののなかでうっすらと特定されるものであり、その人の奥深いところでゆっくり根づいて、その人を成長させていく糧となっていくものです。

 

この際、ストーブの火力をカロリー消費で述べたり、人肌のあたたかさ、科学的な根拠で証明しても何の意味もなさないでしょう。

 

だからといって、家の性能や暖房設備の形態、省エネルギーのあれこれなど、そんなものはどうでもいいじゃないか、というのではありません。

それらはそれで、そっちの世界のことであり、私たちは家族あるいは目の前にいる人と、そこがどんな状況や環境であれあたたかな時間や場所に変換したり、新たに創造していくことができるということを知らなくてならないのです。

 

退職金をはたいて高性能住宅を建築した60代のご夫妻がいました。

数年もたたぬうちにご主人に認知症の症状が出て、年々それがひどくなっていき、施設に入ってしばらく経ったある日、ご主人が「ウチに帰りたい」と言い始めました。

 

家族は、「そうよね、お父さん、新しい、暖かな家がいいわよね」と同情していたのですが、よくよく話を聞くと「ウチ」とは入院前まで住んでいた新築の高性能住宅ではなく、幼い自分が生まれ育った「ウチ」であることがわかった──というお話。

 

ご主人が、どんな家族のなかで、そんな体験を心に秘めてきたのかは知る由もありませんが、帰りたい家が「家」ではなく「ウチ」であったことが、人の心のよりどころのようなものを示唆しているようにも思えます。

 

 

www.ienotomo.com

 

f:id:akadk01:20201224103122j:plain

 

 

 

 

 

 

心の中の収容能力について

翻訳家、児童文学研究者で知られる松岡亨子さんは「サンタクロースの部屋」の冒頭で、こんなふうに書いています。

 

もう数年前のことになるが、アメリカのある児童文学評論誌に、次のような一文が掲載されていた。

「子どもたちは、遅かれ早かれ、サンタクロースが本当はだれかを知る。知ってしまえば、そのこと事態は他愛のないこととして片付けられてしまうだろう。しかし、幼い日に、心からサンタクロースの存在を信じることは、その人の中に、信じるという能力を養う。わたしたちは、サンタクロースその人の重要さのためだけでなく、サンタクロースが、子どもの心に働き掛けて生み出すこの能力のゆえに、サンタクロースをもっと大事にしなければいけない。」

というのが、その大要であった。この能力には、確かにキャパシテイ―という言葉が使われていた。キャパシテイーは、劇場の座席数を示すときなどに使われる言葉で、収容能力を意味する。

 

 

 

www.ienotomo.com

 

f:id:akadk01:20201224103143j:plain

 


 
 

 

 

 

「星の王子さま」の宝もの

かんじんなことは

目に見えないんだよ。

 

サン=テグジュペリは「星の王子さま」の中で、こんな言葉を使っています。

心を込めて世話をしたバラとけんかをし、自分の星を飛び出してしまった王子はその後、いくつもの星を旅し、たどり着いた地球で、自分が特別だと思っていたバラがつまらないものだったと考えます。

しかし、自分の星の一本のバラを大切に想い、共に過ごした時間を振り返るとき、王子と過ごした一本のバラはかけがえのない存在だったことに気付くのでした。

 

松岡亨子さんは「サンタクロースの部屋」の中でこう述べています。

心の中に、ひとたびサンタクロースを住まわせた子は、心の中に、サンタクロースを収容する空間を作り上げている。サンタクロースその人は、いつかその子の心の外へ出て行ってしまうだろう。だが、サンタクロースが占めていた心の空間は、その子の中に残る。

この空間がある限り、人は成長に従って、サンタクロースに代わる新しい住人を、ここに迎え入れることができる。

この空間、この収容能力、つまり目に見えないものを信じるという心の働きが、人間の精神生活のあらゆる面で、どんなに重要かはいうまでもない。

 

何十年も経ってからも、記憶の中で暖炉の炎のようにチロチロと小さく静かに燃えるわが家や父、母との思い出。

記憶という名の部屋が大人たちに根こそぎ否定されなかった幸いが残してくれたのかもしれません。

 

また、この部屋こそが、認知症になってもなお、忘れ去ることのない「ウチ」のなかの部屋=居場所ともいえます。

 

どんな場所でも、そこに人の気配がないと居心地は成立しない。

換言すれば、家の形状など居心地を左右するものではないのかもしれません。

 

 

www.ienotomo.com

 

f:id:akadk01:20201224103158j:plain

 

In summary

   

子どもを本の世界にさそいこむために、おとなは何ができるでしょうか。子どもたちの豊かな心を育むヒントがつまったロングセラーが、普遍的な内容はそのままに、よりいっそう読みやすくなりました。(「BOOK」データベースより)

 

 

 

 サハラ砂漠に不時着した孤独な飛行士と,「ほんとうのこと」しか知りたがらない純粋な星の王子さまとのふれあいを描いた永遠の名作.初版本に基づき挿絵を改めた新しいエディション.