Where we belong.=【家を知る・家に住む・この家で生きる】

そして、私たちの「居場所」について。

【野いちご】=過去を夢見ることを断ち切られた老人たち、その魂のゆくえ。

  

 

 

 

f:id:akadk01:20200123161338j:plain

高齢の家族の反対を押し切って実現したはずの新築やリフォーム。完成後間もなく、家を新しくすることに反対していた祖父美や両親が健康を損なったり、最悪の場合、亡くなってしまうことがあります。長年そこに住んできた人にとって、家やそこでの家族の記憶はかけがえのない宝物。家と魂とのつながりが断ち切られることのないように、十分な心配りが大切です。

Contents.

あなたはもう老人なのよ

好きな映画のなかに「野いちご」(1957 スウェーデン)という映画があります。

イングマール・ベルイマン監督のもので、同監督の作品のなかでは「叫びとささやき」に次いで好きな映画です。

 

夢と現実が交互に交わりながら、話が展開しますが、主人公の老医師イーサクが旅の途中で老母の家を訪ねるシーンが印象に残っています。

 

久々に生家を訪ねたイーサクは78歳。

その彼が、96歳の老母の額にそっとキスをします。

 

老母はほとんど表情を変えないまま「おまえの好きなおもちゃを用意しておいた」といいます。

カメラは老母の足元に静かに移動し、イーサクが子どものころに遊んでいたおもちゃを大きく映し出します。

 

旅の終盤、イーサクは夢を見ます。

かつての婚約者サーラが鏡を持ち出し「あなたはもう老人なのよ」と言うのです。

裁判のような場面では、「人生の落伍者」の烙印が押されてしまいます。

 

「私への罰は?」

「孤独です」

 

エンディング、イーサクは昔のことを思い出します。

野いちごの森からサーラが現れ、イーサクを海辺に連れて行く。

 

海辺に行くと、そこでは父は静かに釣糸をたれ、傍らでは母が本を開いていました。

映画は老人のイーサクに、他者との関わりの意義を再認識させ、人生の幸せを感じさせて終わります。

 

f:id:akadk01:20200123161232j:plain

 (C)1957 AB Svensk Filmindustri

 

www.ienotomo.com

 

f:id:akadk01:20200123161443j:plain

 

 

 

 

 

 

 

捨てられない気持ちの渦

先日、物置を整理していたら、娘がまだ2、3歳ののころのおもちゃが出てきました.。

 

キティちゃんのままごとセットで、キティちゃんの顔のついたレンジや野菜のセット、包丁、まな板もあります。

 

それを捨てるか残しておくかで、家族の間でひと騒動がありました。

 

ことあるごとに「収納を考える前に、捨てるモノを考えましょう」と書いたり話したりしてきました。

しかし、現実はというと、年を重ねるにしたがい、簡単にモノを捨てられなくなった自分を発見することも少なくありません。

 

何もかも捨てようというのではなく、新築やリフォームをきっかけに、不要なモノは捨てましょうということなのですが、娘のおもちゃも不要といえば不要。

かといって、すぐにゴミ袋に入れてしまう気持ちになれないところに、人間の複雑さがあります。

 

イーサクの母親もまた、78歳の息子の思い出を断ち切ることができず、おもちゃを残しておいたのかもしれません。

 

 

www.ienotomo.com

 

f:id:akadk01:20200123161402j:plain



 

 

 

 

 

過去の夢を断ち切らない

「老人は過去を夢見る」

という言葉を聞いたことがあります。

 

高齢者にとって捨てがたいのは、モノにとどまらず、過去の夢や家族の記憶であることもあるでしょう。

 

柱や梁、傷だらけの古い床にすら、自分や家族の魂が宿っている気がすることは、誰にでも経験があるはずです。

 

捨てられなかったとはいえ、いつも傍らに置いていたわけでもなく、日々それを眺めたり、ふれたりして「懐かしい」と回顧するものでもないのです。

でも、捨てることができません。

 

家の中のどこかにあるだけで安心できるもの。

面影を感じるだけでも、記憶が呼び覚まされ、やさしい気持ちになれるもの。

 

そうしたものまで捨て去ることは、その人の生の根源のようなものを断ち切ってしまうこともあります。

 

以前、100年以上も前に建てられた旧家に住む若夫婦から、こんな話を聞いたことがありました。

 

自分たち世代は、古くて隙間風だらけの家を解体し、1日でも早く新しい家に建て替えたい。

しかし、両親は賛成してくれたものの、同居する祖父が頑として首を縦に振らない、という話でした。

 

こうした話をうかがうことは、少なくないのです。

 

高齢の祖父母や親世代の反対を押し切って、建て替えやリフォームをし、新居に住み始めて数カ月で、老いた家族の誰かが健康を損ねたり、最悪の場合、亡くなってしまうことがたくさんありました。

私の父も、その一人であったことを告白しておきます。

 

先の若夫婦のケースでは、結局、おじいさんが亡くなるまで古い家のままで過ごすことにし、その数年後に建て替えをされました。

 

家族全員で在宅でおじいさんを看取った経験は、この家族を結び付けるきっかけとなったはずです。

 

家を壊すことと「うち」をなくしてしまうことは、同じように扱うことはできません。

答えはないといえばそれまでですが、問題を手放すことなく、答えのない海を漂うこともまた、生きることのようです。 

 

www.ienotomo.com

 

 

 

 f:id:akadk01:20200123161244j:plain

 (C)1957 AB Svensk Filmindustri

 

1958年のベルリン国際映画祭で金熊賞、1959年のゴールデン・グローブで外国映画賞を受賞、同年のアカデミー賞で脚本賞にノミネートされた名作です。

1957年製作/89分/スウェーデン
原題:Smultronstallet
配給:ザジフィルムズ、マジックアワー
日本初公開:1962年11月