Where we belong.=【家を知る・家に住む・この家で生きる】

そして、私たちの「居場所」について。

地震国だからオール電化住宅は不利、という誤解と真実。

 

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

 

地震で停電が長引くたびに必ず流れるのが「オール電化住宅は災害に弱い」というニュース。停電になったら、調理もできないし、冷暖房もストップ。給湯も使えないから不便だ――という理由なのでしょうが、停電になったら、灯油のファンヒーターもガス給湯器も使えません。テレビや新聞の報道が常に正確だとは限らないのです。正しい情報かどうかをシミュレーションし選択するためにも、少しひねくれているかもしれない、オール電化住宅の考え方、情報の捉え方。

 

Contents. 

 

災害時、もっとも復旧が早い電気

日本は地震大国です。

阪神・淡路大震災(M7.3 1995)や新潟県中越地震(M6.8 2004)、東日本大震災(M9.0 2011)はまだ記憶に新しく、熊本地震(M7.3 2016)からはわずか3年しか経っていません。

北海道胆振東部地震(M6.7 2018)などは昨年のことです。

 

地震のたびに、多くの家が停電や断水などで不自由な生活を強いられます。

 

そして災害が起きるたびに「オール電化住宅は不利」といったニュースが流れてきます。

ニュースの内容は正しいところも、正しくないところもあります。

 

オール電化住宅とは、文字通り、冷暖房・給湯・調理の熱源を全て電気とした住宅。

停電になると冷房、暖房、給湯もIHも使えません。

 

しかし、電気が止まると、一般の住宅でも、灯油を使うFFストーブやファンヒーター、ガス給湯器は使えないのです。

電話もFAXも、テレビも冷蔵庫もパソコンも使えません。

 

熱源は灯油やガスでも、動力には電気は必要な場合が多いのです。

 

 

大きな災害時はガスや水道も止まってしまいますが、最も復旧が早いのは電気です。

 

阪神淡路大震災の際、神戸市では水道の復旧に90日、ガスで85日かかったのに対し、電気は7日間で使えるようになりました。

 

東日本大震災で被害が大きかった仙台市では、全域がほぼ復旧するのに水道が約30日、ガスが約50日だったのに対し、電気は約10日で復旧しています。

 

地域によって差はあるものの、復旧までの期間を考慮すると電気の優位性は無視できず「オール電化住宅は不利」という内容が、必ずしも正しいわけではないことがわかります。

 

 

www.ienotomo.com

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

躯体をすっぽり断熱・気密化することで大空間でも温度分布はほぼ均一となり、停電などで冷暖房が使えなくても、すでに蓄熱された熱だけで数日間は安全な温度が保たれる。

 

 

電化の利点を引き出す住宅性能

2011年に起きた東日本大震災の直後、岩手県で5軒のオール電化住宅を取材しました。

正確には、取材したお宅がたまたま全てオール電化住宅だったのです。

 

3月上旬の北東北はまだ厳寒期。

暖房をオフにすることなど100%ありません。

 

結論から先に述べますと、停電にもかかわらず室温が18℃以下になっているお宅は1軒もなかったのです。

 

正確に家の各所の温度を計測したわけではありませんが、少なくとも、リビングが18℃以下になっている家はありませんでした。

 

 

北海道や東北のオール電化住宅の多くは、建物本体の断熱・気密性能の確保を前提に建てられ、電化「設備」だけを採用すればオール電化と呼ぶ関東以西とは、一線を画しています。

 

当時の住宅性能でいうと、熱損失係数=Q値1.6―1.9W/㎡・K前後、相当隙間面積=C値0.5―1.0㎠/㎡が平均値かと思われますが、この数値は以前ご紹介した次世代省エネ基準の北海道仕様とほぼ同じレベルです。

 

逆にいえば、このレベルの断熱性能がないと、電気の弱い熱で暖房などできないのです。

 

地震直前まで屋内で蓄えられた熱と、日中わずかな日射を取り入れるだけで、震災後、約1週間も暖房なしでも家族を守り続けたこの事実は、あまり知られてはいません。

こうした報道は、いまだ見かけることはないようです。

 

ちなみに、人間も一人が約100Wの発熱体。

狭い部屋に4人集まると400Wの電気ストーブ1台分の熱が得られます。

こうした知識があれば、少しは家族の生命を守ることにも貢献できそうです。

 

Photos by Sweet Potato..

開口部を含む構造体の断熱性能を高めつつ、日射を取り込み、床などに蓄熱する手法をダイレクトゲインという。昼間に蓄えた熱は日没後から翌朝まで暖房機の役割を果たしてくれる。

 

 

Photos by Sweet Potato..

IHクッキングヒーターはオイルミストも少なく、対面式でも汚れが飛散しにくい。停電時のためにカセットコンロを1台準備するだけで安心。

 

 

www.ienotomo.com

 

 

 

 

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

災害時には貯水タンクとしても利用できるエコキュート。370リットルだと家族4人で3~4日分の緊急用生活用水にできる。

 

 

森羅万象に多情多恨たれ

蓄積された輻射熱との相乗効果で、外気温がマイナス10℃でも、屋内は15℃~18℃の室温を保つことは可能です。

高断熱・高気密とは、熱を出入りさせないだけでなく、「蓄熱」の効果もあるのです。

 

夏期は逆で、早朝や夜間の涼しい空気を取り込み、日中は閉め切るなどの対処をしたほうが現実的といえます。

 

給湯設備のエコキュートには水(お湯)が貯水され、生活用水として利用したという声が多かったのも新たな発見でした。

370リットルのタンクですと家族4人が3~4日は生活用水として使用できる量です。

 

災害時に使える水が自宅にあったことは、大きな支えだったでしょう。

 

全てのご家庭でカセットコンロを備えており、調理に不自由はなかったことも幸いでした。

わずか3000円程度で済むのです。

 

 

「だから、オール電化住宅がベストである」

 と考えるのも早計です。

 

断熱・気密などの性能を高めることが前提であり、性能が低いままでは、オール電化住宅も灯油やガスを熱源とした住宅でも、エネルギー、熱、全てが垂れ流しです。

暑いときは暑く、寒いときは寒いままです。

 

災害で停電になると、すぐに近場のオール電化住宅を探し出し「うち、オール電化なので困っているんです」というコメントをとりたがるマスコミの姿勢も、問題といえます。

オール電化も、そうでない家も、みんな同じように困っているのです。

 

かつて私もマスコミの隅っこにいた一人ですが、情報は簡単に操作できることを忘れてはなりません。

 

流通する情報を、いったん疑ってみる。

正確な情報を選択するには、常に、自分の思考と照合すること。 

ときには、直感で判断することも大切です。

 

これまで大事にしてきた言葉をご紹介します。

開口健の言葉です。

 

読め。

耳をたてろ。

眼をひらいたまま眠れ。

右足で一歩一歩歩きつつ、左足で跳べ。

トラブルを歓迎しろ。

遊べ。

飲め。

抱け、抱かれろ。

森羅万象に多情多恨たれ。

 

補遺一つ。女に泣かされろ。

 

右の諸原則を毎食前食後、欠かさず暗誦なさるべし。

  

(『水の上を歩く? 酒場でジョーク十番勝負』 「編集者マグナ・カルタ九章」 開高健・島津勝彦、集英社文庫)

 

 

www.ienotomo.com

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

最新のオール電化はヒートポンプ技術を利用した暖房・給湯設備が主流。空気の熱を利用し「1」の電気エネルギーで「7」の熱をつくる機器も登場し、さらなる省エネが期待される。

 

 

www.ienotomo.com

 

※最後まで読んでいただき、ありがとうございました。コメントをいただいた方にもお礼を申し上げます。

※80代という読者から質問がありました。「広告を押してしまったが、どうなるのか不安です」。このブログに掲載されている広告は全て、どれをクリックされても安心です。もちろん、クリックしなくても大丈夫です。

 ※毎回、おすすめの絵本を文中に挟んでいます。アフェリエイトになっていますが、こちらもどれをクリックしても安全です。アマゾンで内容やレビュー確かめるだけでも楽しいです。今回は5歳を対象に選んでみました。

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村