Where we belong.=【家を知る・家に住む・この家で生きる】

そして、私たちの「居場所」について。

生命の視座から見つめる省エネ基準、住宅性能、住宅寿命。

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

 

日本の住宅寿命は30年前後。欧米諸国の数分の1しかない短命な住宅のためにローンを組み、世代を超え、住宅のために働き続けます。近年「100年住宅」という言葉を耳にしますが、まだまだ実現までは遠い道のり。また「100年」には憧れても「1000年住宅」はというと、心の中は複雑です。なかなか高まらない省エネへの意識と、耐久性との関係。そこには、日本人の生命観も微妙に影響しているかもしれません。

 

Contents. 

 

 

カビのある家が日本のスタンダード?

もう10年以上も前。

東京の出版社で行われた編集会議でのことです。

 

20年以上の経験を積んだベテラン編集者が集まる会議でしたが、たまたま、日本では「100年住宅」や「カビのない家」「省エネ住宅」などできるはずがない、という話になりました。

 

結論からいえば、「100年住宅」も「カビのない家」も「省エネ住宅」も十分に実現可能です。

 

当時の技術でも100%できたはずですが、会議に出た人のなかで「カビのない家」に住んでいる人はゼロ。

なかには、「カビのある住宅が、日本のスタンダードじゃないの?」と真顔で述べる人もいました。

 

一流大学を卒業し、素晴らしいキャリアを積んできた方ばかりでしたが、ここでも日本人の住宅観を目の当たりにしたように思った記憶があります。

 

 

99年に施行された次世代省エネ基準(※)は、その後いくつかの変更を経て、2013年に改正省エネルギー基準として施行されました。

しかし、ベースは99年の「次世代省エネ基準」のままです。

 

外壁、屋根、天井、床、窓など「外皮」といわれる全体で断熱性能を評価し、消費エネルギーを給湯器や冷暖房、照明などの「一次エネルギー(石油・石炭など化石燃料、原子力燃料、水力等の)消費量」で換算し、太陽光発電などの自然エネルギーを加味して計算するなど、住宅を丸ごと一軒で、省エネの度合いを判断します。

 

国は2020年をめどにこの基準の「義務化」を目指してきましが、資源エネルギー庁が策定するエネルギー基本計画には、2020年までの省エネ基準への適合義務化を「段階的に進めていく」という方針に変わり、事実上、義務化は「見送り」になってしまったのです。

 

※次世代省エネルギー基準(ウィキペディア 2019.08.14現在)

次世代省エネルギー基準、もしくは、住宅の省エネルギー基準とは、1999年3月に、建設省により改正された日本の断熱化基準の通称である。 この基準により、先進国の中では最低だった日本の住宅の断熱基準が、やっと欧米基準の最低レベルに達するようになった。ただし、次世代省エネルギー基準も、多くの先進国の断熱基準よりゆるく設定されている上、法的拘束力がないため、日本の住宅の断熱化率は先進国の中でも最低である。 2010年にドイツで行われたパッシブハウスカンファレンスにて日本の次世代省エネルギー基準の値を発表したら会場から笑いが起こった。さらに、この基準が義務ではなく努力目標であり、住宅の30%以下しか達成できていない事を発言したら会場から失笑を買った。

 

 

●改正省エネ基準 (見直し前とは99年次世代省エネ基準)

資料:一般社団法人 日本サステナブル建築協会

 

 

資料:一般社団法人 日本サステナブル建築協会

資料:一般社団法人 日本サステナブル建築協会

※ここでは省エネ基準の詳細は割愛しますが、上記の資料がとてもわかりやすくまとめられていますので、ぜひご参照ください。

 

 

●義務化が期待される改正省エネ基準の考え方
 義務化が期待される改正省エネ基準の概要  資料:一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構

資料:一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構

 

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

 

 

 

温熱環境には興味がない日本人

次世代省エネ基準が策定される前後、東京大学や当時の厚生省、建設省などの関係機関を取材しました。

 

当時は、関係者、研究者の大方の意見が、基準そのものは「時期尚早」で「義務化などとんでもない」というものでした。

 

なかには基準を義務化すると、日本の地方工務店の7割が廃業を余儀なくされると指摘する研究者もいました。

日本の技術は、欧米レベルの断熱・気密水準に追い付いていないというのです。

 

  

20年以上も前から、意識の高いビルダーさんとともに訴えてきたことが、いまもなお、実現されないことは残念です。

 

家には、人の誕生から教育、加齢、健康、福祉、環境などありとあらゆる要素が関わり、いずれも一定レベルで同時に具現されなくてはなりません。

 

省エネ性能も、家づくりを構成する要素の一つ。

 

冬は寒い家、夏は暑い家に住みたい人はいないはずです。

どうせ冷暖房するのであれば、より少ないコストで快適になったほうがお得でしょう。

 

20年でゴミになる家より、100年の寿命があったほうが家計面でも有利で、環境への負荷が少ないことも明白です。

 

こうした温熱環境、耐久性への関心がいまも高まらないのも、日本の住文化、日本人の住宅観の特徴といえます。

 

 

 

躯体全体を丸ごと高断熱・高気密化し、計画換気・全館冷暖房を徹底。24時間快適な温湿度でも、従来の光熱費を下回るケースもある。

 

 

日本の住宅が短命なのは「結露」が原因

EUレベルの省エネ基準の定着を願ってきたのは、単なる省エネ性能の向上だけが目的ではありませんでした。

 

省エネ性能を向上することで、温熱環境が整えられます。

専門的にいえば内部結露などの問題が解決することが多くなる、といった理由もあったのです。

 

ヒートショックなど、健康被害を防ぐ願いもありました。

快適な環境で介護ができたら、という希望も抱いてきたのです。

 

理想の温熱環境とは、温度も湿度も制御可能jな室内環境をいいます。

 

ここでは簡単に説明しますが、目に見えるところに結露があれば、すでにその壁、天井、床など目に見えない部分にも、ほぼ100%の確率で結露が発生しています。

これが内部結露です。

 

結露は、水です。

 

水に繊維状の断熱材がふれると、湿気を含んでしまいます。

水を含んだ繊維がいつも木材にふれるとどうなるでしょうか。

 

日本では木造住宅が多いので、家を支える構造材全体が弱ってきます。

腐ると言い換えてもいいでしょう。

 

 

欧米諸国の住宅寿命は軒並み70~120年ですが、日本の住宅は30年前後。

石造と木造の違いもありますが、日本では住宅を腐らせてしまう対策が、ずっとおざなりにされてきました。

 

リフォームなどで古い壁や床を剥がすと、例外なく、構造材が真っ黒になっています。

内部結露で腐朽したものです。

断熱不足、気流止めなどの欠損、間欠・部分暖房など、技術的なものと生活習慣が複雑に絡み合って、結露被害がまん延しました。

 

 

50年かけて育った木で建てた家を25年で廃棄してしまえば、自然のサイクルが狂います。

25年でゴミになるより、100年もつ家にすることで、単純計算ですが、100年間で廃棄される家は4分の1になるのです。

 

省エネ基準が全てではありませんが、少なくとも、熱も湿気も制御できない従前の住宅より高い寿命伸長効果が期待できることは証明されています。

 

昔の木造建築は何百年も、もっているではないか。

必ず、そういう意見が出てきます。

 

家の温度と外の温度を同じくし、通気を放任にすること、つまり屋内をスカスカの状態にすることで、構造材は常に乾燥され、構造体の寿命は当然長くなります。

法隆寺は1300年以上です。

 

しかし、現代人はもはや、お寺のように、外の温度と同じ環境で暮らすことはできません。

 

少量でも断熱材を入れ、気密を意識したサッシを採用し、冷暖房設備を使って人工的な室内気候をつくり、外と家の環境を遮断したところで、こうした問題が生まれてきたのです。

 

30年のローンを組んでも、ローンが終る頃には、家も朽ちてしまう。

日本人が生涯あくせく働かなければならない背景には、住宅寿命の短さも大きく影響していると考えます。

 

 

 

 

 

 

築170年の古民家を高断熱・高気密化してリノベーション。柱は梁は当時のクリ材を磨いて再利用している。

 

 

弱いものを遠ざけてしまうことで失うもの

昔の子どもたちは、お母さんと一緒に、よく障子貼りをしました。

古くならなくとも、子どもたちが指で穴を開けてしまいます。

障子貼りは親子の年中行事のようなものだったのです。

 

米をどろどろになるまで煮詰めて糊をつくり、桟に刷毛で薄く塗り、障子紙を上から貼って霧を吹き、パリッとさせます。

 

障子を貼ることができるのも自慢ですが、子どもたちにとっては、お母さんと一緒の時間を過ごす記憶も、生涯の宝物です。

 

 

最近は、紙は破れるからと化学製品が出回り、指で押しても穴が開かない製品もあります。

化学製品ですから耐久性も紙の比ではなく、障子を貼る親子の時間はなくなってしまいました。

 

化学製品とはいえ、年月とともに汚れてくるのでしょうが、放っておけば、何年でももちます。

 

指で押すと破れてしまうほど「弱い」存在。

それを遠ざけてしまうことで、私たちはもっと大きなものを失ってはいないでしょうか。

 

 

 

正しい断熱工法を選択すると、温湿度ともに適度に制御され、表面結露、内部結露ともに解消される。


 

 

割れない・歪まない無垢材はない

ビニールクロスはどうでしょう。

耐久性は紙などよりはるかによく、水がかかっても大丈夫。

 

木材にも同じことがいえます。

無垢の木は割れもしますし、温湿度によって歪んだり、曲がったり、暴れたりします。

接着剤で何層も重ねた集成材はそうした心配はありませんが、なんだかかわいげがありません。

 

無垢の木が理想といいながら、少し割れたり、歪んだりするだけで、ビルダーに猛烈な抗議をする施主もいます。

夜中に音がすると大騒ぎになったお宅もあります。

 

無垢の木は、構造材に使ってもなお、生き続けるのです。

 

湿度の高いときには湿度を吸い、乾燥時には湿度を吐き出す調湿作用が働きます。

その都度、キリッとか、パリッとか、空気が乾燥する冬期にはパン!という大きな音を出すのです。

 

柱や梁、腰板、床材が少しくらい割れても歪んでも、構造に影響はありません。

むしろ、温湿度の変化、地震があるたびに、木は締まり、頑強になっていきます。

 

 

家に飾る花や観葉植物も、イミテーションが人気。

水やりも土を換えることもしなくとも、数十年はもつでしょう。

 

生け花や生の観葉植物だと数千円、数万円もするものが、イミテーションですとその数分の1で買えます。

 

しかし、不思議なもので、ニセモノが傍にあるだけで、私たちの五感が休まることがありません。

逆に、きれいだとも、汚いとも感じないのです。

存在自体が透明になってしまい、大事にする気も起きなくなります。

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

 

 

美しいものにはみんな【生命】がある

私たちが美しいと感じるものには、ほとんどの場合「生命」があります。

 

心の奥底で「生命」が、いつか目の前からなくなってしまうことを感じ取っているのかもしれません。

 

造花を目の前に置いても、無関心のままでいられるのは、造花に「生命」がないから。

いつか朽ちて、なくなってしまうこともない。

手入れも不要なのに、無意識の中では、ほんとうは、少しも、うれしくないのです。

 

この世からいつかは消えてなくなること、死んでしまうことを赦されない残酷さに、ひそかに気づいているのでしょう。

 

 

誰だって、いつまでも生きていたい。

死にたくありません。

家族だって、ずっと生きていてほしいと願います。

 

人間だけでなく、花だって、家だって、ほんとうは存在が消えてほしくないのです。

 

 

いつかは消えてしまうからこそ、私たちはそこに儚さを感じ、美しいと思うのでしょう。

そして、一瞬一瞬を記憶として、自分の魂に刻む作業をしているのかもしれません。

 

造花や化学製品などと「生命」のあるものとの違いは、前者はなくなること=死ぬこと=を赦されない存在であり、後者はいつか必ず朽ちて、この世から消えてしまうところ。

 

こうした視座から、改めて、周囲を眺めてみます。

 

髪の毛が少し寂しくなったご主人。

シミが増えて、お腹に肉がついた奥さま。

いつも文句ばかりのクソジジイ、クソババア。

皮肉しかいわない職場の上司――までが、少しだけ愛おしく思えてきます。

 

かわいい赤ちゃんだって、いつかは嗜みも節操もないおじさん、おばさんになるかもしれません。

それどころか、どんなにかわいくても、いつかは消えてなくなっていくのが、生命。

そう思うからこそ、いまが最高にかわいく見えるのでしょう。

 

日本の住宅の省エネ性能は、さらなる向上を望みたいところです。

 

でも、100年住宅ではなく、1000年の寿命が理想とかいえば、少し違うかも、と思い始めたこのごろです。

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

 

www.ienotomo.com

 

 

※最後まで読んでいただき、ありがとうございました。コメントをいただいた方にもお礼を申し上げます。

※80代という読者から質問がありました。「広告を押してしまったが、どうなるのか不安です」。このブログに掲載されている広告は全て、どれをクリックされても安心です。もちろん、クリックしなくても大丈夫です。

 ※毎回、おすすめの絵本を文中に挟んでいます。アフェリエイトになっていますが、こちらもどれをクリックしても安全です。アマゾンで内容やレビュー確かめるだけでも楽しいです。今回は3歳を対象に選んでみました。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村