Where we belong.=【家を知る・家に住む・この家で生きる】

そして、私たちの「居場所」について。

室内気候・衣服気候と【第三の皮膚】。

 

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

 

私たちの身体には優れた温度調節機能が備わり、外気、衣服や室内、それぞれの【気候】とバランスをとりながら、健康的な暮らしを維持しようとします。家は身体の皮膚、衣服の皮膚に次ぐ【第三の皮膚】。気候と皮膚との切っても切れない関係について。

 

Contents

 

 

 

衣服にも「衣服気候」がある

室内気候という言葉があります。

 

外の気候に対するもので、簡単にいうと、人が住むための空間の内部の気候のことをいいます。

 

原始時代の洞窟の住居も、雨風をしのいで外界とは異なった室内気候を形成していました。

 

現代では、断熱・気密などの住宅性能を高めて高効率の設備を導入し、人工的な室内気候を創出しています。

 

同じ室内気候でも、冬はコタツにしがみつくような状態もありますし、外が寒くても軽装で活動できる環境もあります。

夏、24時間暑い室内もあれば、24時間、同じ温湿度の室内もあります。

 

日本の住宅では、自然エネルギーを利用したパッシブデザインにも、古くから取り組んできました。

 

衣服にも「気候」があります。

文字通り、「衣服気候」といいます。

 

暑いときには半袖などの軽装、寒いときには厚着。

中間の季節は、脱いだり着たりできるカーディガンなどで、こまめに調節します。

 

衣服の量や質をコントロールすることで、衣服気候をつくり、快適さ、健康的な温度を得るわけです。

 

暑いときには軽装と書きましたが、砂漠の民はいまでも、頭には白や縞模様の布(ガットゥラ)を巻き、身体はすっぽりとした服(カンドーラ)で覆います。

 

暑くないのかなと考えたりしますが、太陽や地表からの輻射熱を防ぐために皮膚と衣服の間に微小空間を作り出し、温度を調整しているのです。

 

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

 

気候と衣服と文化の関係

ベトナムの女性たちはアオザイを着ます。

アオ(襖)は上衣の一種を意味し、ザイは「長い」を意味する形容詞で「長上着」です。

色っぽくて素敵です。

一度来たら、Tシャツなどよりずっと涼しいと、女性たちは口を揃えます。

 

インドのサリーやクルタパジャマも、涼しい衣装。

インドには数カ月滞在しましたが、現地に着くとクルタパジャマを購入し、滞在期間はずっとインド人と同じ姿で過ごしました。

 

慣れるとTシャツに短パンなどより快適で、日本でも夏の正装にすればいいのではないかと真剣に考えたほどです。

 

日本の着物は、襟元をゆったりとさせ、袖口や裾から風が抜け、脇には身八つ口という風穴まである構造です。

暑苦しそうに見えますが、身体をゆるく覆うことで風の抜け道を確保するあたり、カンドーラやアオザイと同じです。

 

浴衣などは素材も機能も、完全に夏向きで、機能が美を備え、文化を形成していることに、改めて感心します。

これこそ【用と美】の極致といえそうです。

 

 

最近は、吸汗機能のあるものや発熱機能、冷涼機能のあるものなど温度調整機能を有した衣服が増えています。

 

冬には厚着をしなくても、ほんわか温かい感じがしますが、どうもあの肌触りが好きになれません。

 

夏は夏でドライ機能やひやっとした感触の下着があります。

これらも、苦手です。

木綿や麻など、自然の素材のほうが自分には合っている気がします。

 

木綿の吸湿性は8.5%でポリエステルは0.4%。

雪山登山、スキーのときなど、寒いときに汗で濡れると体温が奪われ、危険な場面もありますが、夏は肌触り、耐久性などの面で、木綿や麻が好きです。

 

 

 

 

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

 

 

欧米人とは体温も汗腺も違う

室内にも衣服にも気候があるわけですが、私たちの身体もそれぞれ独自の気候を有しています。

しかも、全自動に近い精巧なシステムです。

 

頭や心臓のあたりは、暑くとも寒くとも温度が一定に保たれます。

皮膚の表面温度は寒いときには血管が収縮して熱の放散を少なくします。

暑いときには皮膚への血流量を増やして熱の放散を多く、調整してくれます。

 

1日にかく汗は最大12リットルにもなりますが、常に蒸発しているので、あまり自覚はありません。

 

自覚できる汗は、暑いときの汗や恐怖を感じたときなどの冷や汗で、この汗も一般には夏の打ち水のように、皮膚の表面から蒸発熱を奪って温度を下げます。

 

面白いことに、人間は汗が出てくる瞬間を感知できません。

汗が噴き出すときではなく、流れたり、滴ったりするときに、汗を感じるのです。

 

汗腺は生後2歳半までに数が決定するとされ、暑い地域で生まれ育った人は、寒冷地の人より多くの汗腺があり、その逆もしかりです。

 

ちなみに、フィリピン人の汗腺は280万個、日本人は230万個、ロシア人は190万個と地域性が表われていることに気づきます。

参考ついでに、欧米人の平均体温は37度強で日本人は36.2度前後。

 

ロシア人の友人がいますが、来日して20年経ったいまも、日本の夏の暑さには馴染めないといいます。

 

日本人の女性と結婚したのですが、奥さんはたいへん。

 

夫は冬は20℃くらいの室温でもTシャツを着ていて、あまり暖房を使わない。

夏はエアコンを20℃以下に設定して、毎日凍えるような日々。

 

同じ室内気候でも、出身地によって、温湿度のコントロールが異なるのは興味深い話です。

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

 

 

住宅は身体、衣服に次ぐ「第三の皮膚」

暑い日が続きます。

量販店で買った格安の衣服でご満悦の人もいれば、なかには高級ブランドでないと気の済まない人もいます。

 

以前、話をうかがったクリーニング店のご主人は「海外の有名ブランドだからといって、いいことばかりじゃない」と断言します。

 

四季を通じて乾燥し、夏もそれほど暑くならない欧州でデザイン、生産された衣服は、高温多湿の日本の夏に不向きな製品が少なくない、というのです。

 

デザインは一流かもしれません。

が、欧州とは比較にならないほど大量の汗をかく環境で、連続して着衣し、複雑なクリーニングを繰り返す。

このことで高級感は期待するほど長持ちしない、つまりコスパは低い、という話は納得する部分もあります。

 

住宅にも似たようなことがいえます。

 

デザイン優先の住宅が人気ですが、室内気候が考慮されているかどうかの見極めこそ重要です。

 

衣服とは比較にならないほど長期間使用に耐える構造、複雑なメンテナンスが要求される素材。

これらは基本の基本。

 

新築、リフォームの際には、ぜひとも確認したいところです(下記の記事もぜひ参考にしてください)。

 

住宅は身体の皮膚、衣服に次ぐ、「第三の皮膚」です。

 

生まれながらに授かった身体の温度調節機能、衣服気候、室内気候。

これらの3つのバランスが、快適で健康的な暮らしの基本といえそうです。

 

 ※

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。コメントを頂戴した方にも、感謝いたします。

 

 

www.ienotomo.com

 

 

www.ienotomo.com

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村