Where we belong.=【家を知る・家に住む・この家で生きる】

そして、私たちの「居場所」について。

室内干しのメリットと速く乾かすエアコン活用法。

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

 

美しい外観と洗濯物のある風景

いつも通る道路沿いに新しく家が建つことになり、完成まで毎日、建築工程を眺めていました。

ちょうど信号があり、よく止まる場所でもあります。

 

基礎は、構造は、断熱材は、窓は、ドアは、外壁は…と現場の前を通るたび変わっていく様子を見るのは、ちょっとした楽しみ。

 

完成後はこんなふうになっているといいなあと、ある日から自分のなかで賭けをすることにしました。

 

一つは、リビングのカーテンから漏れる灯りが蛍光灯ではないこと。

もう一つは、南面の素敵なウッドデッキが洗濯干場にならないこと。

この2つです。

 

完成となって、ある日の夕刻、お宅の前を通りました。

カーテンの間から漏れてくる灯りは紛れもなくオレンジ色で、間接照明を採用していることがわかりました。

 

しかし、通りに面したウッドデッキの横っちょには物干し竿が設置され、ご家族の洗濯物が陽が沈んんだあとも、ヒラヒラと風に揺れていました。

賭けは、1勝1敗でした。

 

どんなに美しい外観としても、日本人はいまだ洗濯物を通りに面して干すことにあまり躊躇しません。

 

女性の下着こそ見かけませんが、子どもたちの下着やお父さんのパンツ、シャツなどは気持ちよさそうにお日様の光を浴びて、風に舞っています。

 

 

サニタリーは室内干しを前提に広めのスペースを確保。洗濯、乾燥の動線を一体とすることで家事労働を軽減できる。

 

 

世界各国「外干し」事情

以前、単独で取材に入ったフィリピン・マニラ、ネグロス島などのスラム街では、延々と軒を連ねる粗末な小屋の外側に真っ白な洗濯物が干され、その美しさに見とれたものでした。

 

フィリピンでは、洗濯物は裏返しにして干すのが常識で、縫い目を外側にして早く乾くようにします。

どの家でもロープでの干し方が均一で、全体として見ると、統一された景観を形成していて、スラムであることを忘れるほどでした。

 

シンガポールの郊外では、高層住宅が多いのですが、道路に唾を吐いたり、ガムを捨てると罰金がとられる規律のなかでも、整然とした町並みのなかでも外干しが目につきます。

団地の多くは物干し用のベランダが少ないため、物干し竿を建物の壁から直角に突き出して干す光景も珍しくありません。

 

香港、中国の住宅地でも窓から竿が突き出しているのをよく見かけます。

お父さんのパンツもお母さんのパンツも、一緒に仲良く干されています。

 

雑然とした街並みに雑然とした洗濯物が風にたなびく光景は、不思議なことに雑然さを感じさせず、街と人のエネルギーを感じます。

 

 

 

 

Photos by Sweet Potato..

フィリピン・マニラのスラム街。生活する人たちはとても清潔好きで、どこのバラックでも真っ白な洗濯物が風になびいている。



 

しかし、ところ変われば何とかで、ヨーロッパやアメリカではいささか事情が違ってきます。

 

パリなど、フランスの都市部では通路側に干すのは避けて室内、あるいは建物の裏側に干します。

 

アパルトマンなどでは道路と反対側のベランダも、欄干より高く干し物を出さないのが常識になっているようです。

でも、田舎に行けば、日本のように、ふつうに庭先に干していることは珍しくありません。

 

イギリスでも、基本は室内干し。

景観上の配慮もあるのでしょうが、ロンドンの友人宅で聞いたときには、天気がめまぐるしく変化するので、安心して干せないとの理由でした。

 

イタリアやスペイン、ポルトガルなどでも基本は室内干しです。

旧市街地や古くからの住宅地では、狭い路地にロープを向こう側とこちら側に渡して、洗濯物を干すこともあります。

古い映画のワンシーンを見ているようで、不潔さなど感じることはありません。

ドイツ、スイスも室内干しが基本でした。

 

アメリカは大きな国なのでひとくくりに語れないのですが、我が家に半年間ホームステイしたデイビットさんによると、

「通りに面して洗濯物を干す日本人の感覚が信じられない」

と何度も話していたので、そんな習慣はないと思われます。

 

彼はカリフォルニアの出身。

空気が乾燥しているところですが「なぜ日本人は高温多湿なのに乾燥機を使わないのか」と首をひねってばかりいました。

 

景観を意識した嗜みや美的感覚もあるのでしょうが、確かに、欧米では日本に比べて空気が乾燥しており、乾燥機がセットになったドラム式洗濯機が一般的です。

洗濯室が地下にあることも多く、外に干す必要性がもとからなかったともいえます。

 

何より、欧米の住宅では集合住宅、戸建てにかかわらず、全日・全館暖房が当たり前。地下室がなくとも、どこに干しても乾燥には時間がかからない温熱環境の違いもあるでしょう。

 

 

世界の外干し事情はさまざま。同じ国でも、都市部と地方が異なるのは日本と同じ。

 

 

室内干しの意外なメリット

せっかく素敵な外観をデザインしても、家族の洗濯物を外干ししてしまう日本の家。

もっとも、外干しは日本の習慣、文化ですので、善し悪しで片付けることはできません。

 

お日様に干した洗濯物もお布団も気持ちのいいものですし、干すのだったら、お日様のあたる南面に限ります。

 

その南面が通りに面している場合、洗濯物には気を遣うという若い世代も増えてきました。

 

ドラム式洗濯機が普及してきたこと、どこの家でもエアコンがあることも、室内干しが増えてきた理由といえます。

北海道ではほとんどエアコンが普及していないため、夏期の室内干しには苦労するという話を聞いたことがあります。

 

室内干しにも、メリットはあります。

 

1.天気に影響されないこと。

共働き世帯であれば、天候の変化を気にせずに出かけられます。

 

2.花粉やホコリ、黄沙、PM2.5などが付着しないこと。

ベランダでも庭先でも、外干しをすると、洗濯物にホコリや花粉が付着してしまいます。洗い立てで濡れた状態の衣服に着きやすいのは当然。

黄砂やPM2.5の問題もあります。PM2.5は繊維の奥まで入り込むので、部屋に取り込む際、手で払うだけでは不十分。人間の肺の奥まで入ってくる手強い物質ですので健康上の問題も懸念されます。

 

3.衣類の変色を防ぐ。

お恥ずかしい話ですが、我が家でも乾燥機はめったに使わず、外出しないときは、外干しが基本です。

しかし、交通量の多い場所ではクルマの排気ガスも衣服の変色の原因となり、紫外線との相乗効果で傷みは早くなります。

お気に入りの衣服だからこそ、室内干しがベストということになります。

 

 

エアコンで洗濯物を素早く乾かす

梅雨の季節から真夏にかけての室内干しは、湿度が一気に上がることから不快指数も上がります。

1回約5キロの洗濯物を干すと、蒸発する水分は約3リットル。

 

水蒸気が発散された室内ではカビが発生しやすく、カビに付き物とされるダニも繁殖します。

結露が起きている場合は、すでにカビの胞子が舞っている状態ともいえます。

 

こんなときには、エアコンを上手に活用します。

 

この季節は、冷房か除湿(ドライ)。

冷房は設定した温度まで室温を下げようとし、除湿も行います。

しかし、設定温度が近くなればスロー運転となって、除湿機能もスローになってしまいます。

温度優先ということです。

 

除湿(ドライ)運転は、除湿が目的ですので、温度は下がりにくくても、除湿は続けられます。

室内に干した洗濯物は、温度よりも湿度が低い環境が早く乾きますので、エアコン使用時は、除湿(ドライ)運転が適切です。

 

この際の温度設定は外気温から7℃くらい差し引いたくらいがいいと、メーカーさんから聞いたことがあります。

天候により異なりますので、自分なりにシュミレーションすることが大切です。

 

室内干しが終わった後は、5~10分くらい窓を開けるなどして、室内の空気を入れ替えます。

※第三種、第一種換気のある家でも、窓を開放したほうが早いはずです。

 

エアコンの機種によっては、除湿(ドライ)にも「弱冷房除湿」と「再熱除湿」があります。

 

前者は、冷やした空気を室内に戻すので室温が下がります。

後者は冷やした空気を元の温度に温め直しますので、あまり室温は下がらず、除湿だけを行います。

ただし、こちらは電気代が少し余計にかかるデメリットがあります。

 

冬期など外気温が低い場合は、冷房も除湿も効きにくくなりますので、暖房が基本となります。

同じエアコンでも、季節によって使い分けたいところです。

 

エアコンの気流が洗濯物に当たる場所では、それだけ早く乾燥しますが、エアコンとの距離がある場合は、扇風機やサーキュレーターを利用しています。

扇風機を終日利用しても、電気代は驚くほど安く済みます。

下記の記事も参照ください。

 

www.ienotomo.com