Where we belong.=【家を知る・家に住む・この家で生きる】

そして、私たちの「居場所」について。

自立と依存と再生と。

 

 

f:id:akadk01:20190615163445j:plain


依存というとあまり聞こえがよくありません。自立というと、ちょっとカッコがつく気がします。しかし、子どもにとっては、「おなかいっぱい」というほどに、依存が必要な時期もあります。そんな自立と依存をはいけいに、再生する家族の小さな話。

 

 

子どもの万引き事件がきっかけに

C子さん夫妻は、

長い間深刻な不和の状態にあり、

互いに離婚は

時間の問題と考えていました。

 

お子さんは中学生の男の子。

ある日、スーパーで万引きをして

補導されてしまいます。

 

夫妻は「どうして自分たちの子がこんなことを…」

と戸惑い、途方に暮れました。

C子さんは毎日、

涙が止まりませんでした。

 

が、この事件がきっかけとなり、

いつの間にか、

夫妻は以前より話をするようになっていました。 

 

振り返ると、

家族の再生は、家の計画から始まりました。

C子さんが、ある日、

ご主人に「家を建てましょう」と意志表明したのです。

 

C子さんの強い意気込みにご主人も折れ、

家族が一体となった家づくりがスタートしました。

 

 

 

一つの課題に向かっていく家族

男の子も、自分の部屋ができることを知ると、

次第に表情が明るくなっていきました。

ほんとうのことをいうと、

男の子にとって、いちばんうれしかったのは、

お父さんとお母さんが

一緒に話をする時間が、以前と比べて

多くなっていたことだったのかもしれません。

 

リビングは、寝室は、子ども部屋は、キッチンは…と、

家族が一緒になって考える時間は、

当時を振り返ると

「あんなに濃密で素敵な時間はなかった」

(C子さん)ほどでした。 

 

半年間のプランニング、

建築期間を経て、住まいは完成。

家族の力を合わせて引っ越し。

 

片づけの合間、C子さんは、

昔のアルバムを眺めては、若かったころを思い出し、
ひきだしの奥にしまってあった

ご主人からのラブレターや子どもが

赤ちゃんだったころの写真を見返すなど、

懐かしい時間をいくつも思い返しました。

懐かしすぎて、

胸が熱くなることが、何度もあったほどです。

 

荷物も片付き、やがて庭ができました。

お日様の光に満ちた庭に出て、

花に水をやったり、

新しい庭木を植えたりと、

休むいとまもなく、時間が過ぎていきます。

 

男の子はその後、

万引きなどすることもなく、

夫妻の危機も、家族の危機も、

以前のような自然な関係に戻っていました。

 

C子さんが、

こんなことを話してくれました。

「あの子が、私たち夫婦と、

この家族を再生させてくれたのだと思う」

かたわらでご主人が話しました。

「家づくりという課題を与えてくれたのも

あの子だったと思う」

 

f:id:akadk01:20190614143744j:plain

 

 

大人たちが川の字で寝ていた家

小さな子どもと寝るとき「川」の字になって…

という家族は少なくないようです。

 

先日取材でお世話になったお宅では、

成人になった長男・次男と

60代のご両親の4人が一つの寝室で

川の字になって寝ているという話をうかがって、

へえ、と驚いてしまいました。 

 

小さな借家、アパートで

ずっと過ごしてきたので、新築して

それぞれの居室ができても、

子どものころからの習慣が抜けないのだそうです。

 

家のかたちにとらわれず、

自分たちが主体となって住みこなすことで、

家族みんなが暮らしている、素敵な話です。

 

反対に、人数分だけ

子ども部屋を設け「子どもの自立のために」と、

小さな頃から

自分の意志で生活させるご両親もいます。 

 

徹底した個人主義を基本に

仕切られた空間の多い家で家族を形成してきた

西洋の家族とは異なり、

開けたり閉じたりできる曖昧空間で

家族を形成し、暮らしを維持してきた日本人にとって、

家族間でのプライバシーや自立は、

はたして可能なのかしらと、

いぶかしく思うことも実は少なくありません。

母性社会・日本の個人主義など、

この数十年の歴史しかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:akadk01:20190614141744j:plain
 

自立の背後にあるもの

「若者の自立」「女性の自立」など

「自立」を声高に叫べば叫ぶほど、

周辺がざわめき始めるのは興味深い現象です。 

 

日本ではまだ、「自立」と「孤立」は紙一重。

男性に頼らない女性の自立、

親に頼らない子どもの自立、親分やリーダー、

上司や仲間や組織に頼らない自立など、

一見カッコよく見えますが、

そうした自立の周辺に、必ずといっていいほど

幾ばくかの波風が潜んでいるのは、

誰もが経験してきたことでしょう。 

 

他者にきちんと依存するには、

実は相当な力が求められます。

 

相応の時期になり、

子どもを本当の自立に導くためには、

それまで十分な「依存」をさせてきたかどうか、

私たち大人はいま一度検証してみる必要がありそうです。 

 

 

家を建てることと「うち」を創ること

子ども部屋をつくったから、

そこに子どもを押し込め、

あとは「努力しなさい」では

自立どころか「孤立」を助長させ、

親子の絆も断ち切れてしまうかもしれません。

 

夫婦の自立と互いの権利を主張し合う狭間で、

子どもたちは、

どんな思いで私たち大人たちの姿を

眺めているのでしょう。

 

固有の空間がないならないで、

大人が壁になったり、

壁を取り払ったりと、心を動かすほうが、

親子の絆がより強固なものになることもあります。

 

 

結び付きが強過ぎるとやっかいですが、

押したり引いたり、

お世話になったり、お世話をしたりと、

ヘロヘロで薄っぺらでも、

そんな「絆」があっての人と人。

社会も家族も同じでです。

 

先に紹介した家族のように、

壁などあってもなくてもよく、みんなで寝ようが

一人で寝ようが関係ないというのが、

本来の家族のかたちのような気もします。 

 

こうした話をうかがうたびに、

家を建てるのは大工さんですが、「うち」を創るのは

やっぱり家族なのだなあと、思いを新たにするのです。

 

www.ienotomo.com

 

f:id:akadk01:20190615203350j:plain

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村