Where we belong.=【家を知る・家に住む・この家で生きる】

そして、私たちの「居場所」について。

「手間」をかけるという意味。

 

 

f:id:akadk01:20190522174834j:plain

 

アメリカ人とドイツ人と日本人の食文化

我が家にホームステイしていたアメリカ人のジム君が、ある日、「1日に3度も火の通った熱い料理を食べるなんて合理的じゃない」といったことがありました。

料理に合理的とか合理的じゃないとかあるんでしょうかと尋ねましたら、

「そんな時間があるのなら、家族が一緒に過ごせる時間を大事にすべきでしょう」

というのです。

 

確かに、主婦だけがキッチンに立って調理をし、お父さんと子どもが、テレビを観ながら料理が出てくるのを待つという日本の平均的な家庭像に対して、そんな意見があっても当然かもしれません。

 

ハワイ島以外のアメリカ合衆国に行ったことがありませんので、あなたの家ではどんな食事をするのかと尋ねますと、だいたい、家族みんなが揃ってテーブルにつくなど映画の世界だけのことで、朝食は出かける順に冷蔵庫を開けてささっと食べて終わり、といいます。

 

彼の家族の場合は、シリアルかベーグルにミルク。兄弟たちも、ミルクがジュース、ベーグルがパンになる程度のことで、目玉焼きやオムレツなどは、ほとんど作らない。

その分、夕食はできるだけ家族揃って食べるようにしますが、かといって野菜や肉をいちから料理することはあまりなく、冷凍食品で済ませることが多いというのです。

 

「でもね、ちゃんとお祈りをして、ちゃんと電気を消してね、キャンドルを灯して食べるんだ」という彼は少し誇らしげに見えました。

大切なのは、料理そのものよりも、料理を囲む家族との時間なのです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あなたのために いのちを支えるスープ [ 辰巳芳子 ]
価格:2808円(税込、送料無料) (2019/6/22時点)

楽天で購入

 

 

ドイツの旅で、同じような場面を経験したことがあります。

友人宅(戸建てではなく集合住宅=レジデンス)でのことですが「そういえば、日本では、3食熱い食事をするというけど本当か」と真顔で聞くのです。

 

昼はかなりヘビーなものを食べるドイツ人ですが、朝食、夕食はパンにハムやソーセージ、ジャム、野菜、フルーツなどで簡単に済ませます。

 

熱の通ったものといえばコーヒーくらいで、料理はほとんど「冷食」。

レストランが主体のはずのガストホーフ(民宿のようなところ)での食事も、朝や夕は冷たいメニューしかないところが少なくありません。

 

先のアメリカ人と同じで、時短料理で余った時間は、家族でゆったり過ごすというのです。

 

最初のドイツの旅は真冬でしたので、2、3度冷たい夕食をとっただけで欲求不満気味になり、熱々のハンバーグを食べるために何度かマクドナルドに行ったことを思い出します。当時の私はハンバーグなど、一生の間で食べることはないだろうというほど無縁なものでしたが、焼き立て、熱々ののハンバーグがこんなにおいしいものかと涙がでるくらい感動したのを覚えています。

 

アメリカ、ヨーロッパでは、日本よりも早く大型の冷蔵庫が普及していた理由がこんなところでもわかるのですが、イギリスには冷凍庫が故障したときのための保険=フリーザー・インシュランスがあるほど。

キッチンから、料理からも文化の違いまざまざと見せつけられるのです。

 

 

 

 

 

 

建築物の「住宅」が「うち」になるとき

昭和30年代にはまだ、牛乳や豆腐などを毎朝、毎夕配達してくれたり、近くまで売りに来る人がいました。

子どもたちは、買い物かごを持たされ、肉や魚などを、毎日、近所の店まで買いに行かされるのです。そうして、子どもながらに、新鮮な肉や魚、野菜の選び方を学んでいたように思います。

 

主婦も子どもも何かと時間や手間がかかった時代でしたが、ひょっとして、いまよりずっと、新鮮でおいしいものを食べていたかもしれません。

 

身の回りの素材はほとんど自然界からできたものばかりでした。

買い物かごは樹皮や蔓を編んだものでしたし、豆腐を買いに行くときは、買い物かごとは別に鍋やボールを持参しました。

おにぎりや納豆などは杉・檜(ひのき)などの木材を紙のように薄く削った経木(きょうぎ)や竹の皮を使いました。

豆腐はおばさあんが自らすっとすくって、さらっと経木で包んで鍋に入れてくれたように思います。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

手しおにかけた私の料理 辰巳芳子がつたえる母の味 [ 辰巳芳子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/6/22時点)

楽天で購入

 

 

母親が台所で料理をする姿を長い時間眺めることで、子どもたちは安心感を抱き、それが家族の思い出になっている人も少なくないでしょう。

 

記憶に刻まれるのは、光景だけではありません。

料理をつくるときの音、匂い、感触、味など五感の全てに刻まれるのは、その場面で費やされた時間と言い換えてもいいかもしれません。

 

日本語の「手間」を英訳すると「time」になります。手間をかけることは、すなわち時間をかけることです。

 

5キロの道のりをクルマで移動すると、たった数分ですが、歩くと1時間ちょっとかかります。

早く着く方が疲れませんし、時間の節約にもなり、合理的に決まっていますが、歩いた人のほうがたくさんの景色を見ることができます。

 

手間をかけることは「こころ」を使うことでもあります。心理療法家の河合隼雄さんは「Q&A こころの子育て 誕生から思春期までの48章」(朝日新聞社)の冒頭でこう語っています。

 

物が豊かになれば人生は楽になるはずだ――日本人はみんな長い間、そう思ってがんばってきたんですね。だけど、そんなことはない、人生はむしろそれだけ難しくなるんです。どうしてかというと、物が豊かにたった分だけこころを使わないといけないからです。それなのに豊かになると、どうしても物事を安易に物やお金で解決しようとして、こころを使うことを忘れる。そこをちょっとサボッてしまう。だからいま、子育てについても、問題がいっぱい出てきているんです(中略)つまり、「こころのエネルギーを節約して便利にしよう。それが進歩や」とみんな思い込みすぎたわけです。

 

家は建築物ですが、暮らしの営み、気持ちの往還、時間の長さや深さで捉えることで、初めて「うち」になります。

 

空間の有り様や素材、家族の気配、料理の匂いや音など、私たちの五感は、一瞬の休みもなく、記憶を刻み、それを原風景とします。

忘れられない家の原風景には、必ず、家族の姿があるのは、不思議な気がします。そこには月並みではあるものの「こころを使う」作業、場面がたくさんあったのではないでしょうか。

 

アメリカやドイツの友人たちは、料理の時間は削っても、家族とともに濃密な時間をともにします。

調理にかける時間は短いかもしれませんが、月に何度かは家族総出で住まいのメンテナンスをします。次の住まい手、次代の住人のために、です。

 

その時間は長短ではなく、深さ。

手間をかけることでしか得られない深さがあります。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

辰巳芳子 スープの手ほどき 和の部 (文春新書) [ 辰巳 芳子 ]
価格:1242円(税込、送料無料) (2019/6/22時点)

楽天で購入

 

 

 

 

www.ienotomo.com