Where we belong.

家を知る・家に住む・家で暮らす、そして私たちの居場所について。

「35坪の家がほしい」の広さの根拠は?

 

 

 

 

絵画


家づくりの希望を500出してください

関西のある街。

セミナーの講師として呼んでいただいたときのことです。

いつも通り、約2時間の話を終えたあと、60代のご夫婦に「ちょっと相談があるのですが」と引き留められ、その場でお話をうかがうことになりました。

 

「土地はありますが、なかなか家のかたちが見えてきません」

「住むのは、ご夫婦だけですね。どんな家にしたいのですか」

「35坪ほどの家にしたいと思っています」

「どうして35坪なのですか」

「築40年のいまの家が40坪なのです。いまは2人なので35坪でいいかと」

「住むのはお2人だけですね。35坪も大きな家です」

「たまに、娘たちが孫を連れて泊まりにきますので」

「年に何日くらいですか」

「盆と正月を合わせて1週間ほど」

「いまの家は、どういう状態ですか」

「子ども部屋はもう物置場になっています」

 

 

22坪・平屋で建てた夫婦だけの終の棲家。寝室、アイランドキッチン、ダイニングを直線状に並べ、縦長のコンドミニアム調にした。

 

「同居の予定はありますか」

「ありません。2人とも他県に嫁いでいます」

「予算はどれくらいですか」

「坪80万円として35坪で2800万円、その他諸経費と…」

「坪80万円と、どうして決めたのですか」

「おおよそ、そんなものかと」

「夫婦2人の家ですと、25坪でもおつりがくる立派な家ができます」

 「25坪!?」

「たとえばの話です。あとは、どんな希望がありますか」

「お話を聞いて、温度のバリアフリーが大切なことがわかりました」

「ありがとうございます。そのほかは」

「夫婦のどちらかが介護の状態になっても、自宅で過ごしたいです」

「自分たちの要望をなんでもいいですから、500まとめてみてください」

「え? 500も!」

「思いつきのメモでいいんです。まとまったら、優先順に並べ替えてみてください」

 

 

 

 

 図面ではなく「言葉」にするのが先決

 「…」

「気持ちのいい居間、光熱費の安い家…など抽象的な思いでかまいません」

「そんなことをしたら3000万円どころじゃなくなります」

「優先したいことから500の要望を整理し、それを2500万円以内で実現してください」

「!?」

「間取り図ではなく、そのメモをビルダーや建築士に見せるのです」

「は、はい」

「残りは老後のためにとっておきましょう」

「ほんとに、そんなことできますか」

「信頼できるビルダーなら、これ以上、出せないと予算も伝えます」

「頼みたい会社はあるんです」

「全ての要望が叶うわけではありませんが、大切な条件はクリアできます」

「楽しみになってきました。やってみます!」

 

ほんの10分ほどの立ち話でしたが、ご夫婦は笑顔で「わかりました!」といい残し、会場を去っていきました。

 

ドア

 

www.ienotomo.com

 

 

アイランドキッチンは来客時も便利。みんなでワイワイ料理をつくり、みんなでサッと片付け。モノを置かないことを徹底していつも清潔に保つ。

 

 

予算も大事ですが、もっと大事なのは自分たちの要望が、きちんと整理されているかどうかです。

最小の予算で、どれだけ多くの要望をクリアできるかが勝負どころです。

ローンが終わってもなお、生涯にわたってつきまとう光熱費をどれだけ安く抑えられるか。身体状況が悪くなっても、住み慣れた我が家で暮らしていけるか。年に数日しか帰省しない子どもたちに数百万円のコストをかけていいのかどうか。介護はできそうな空間構成か。希望によっては、在宅での看取りもできるかどうか。なんでもかんでもメモをして、最後は優先順に並べ替えていきます。

 

家のかたちではなく、将来にわたる生活面での要望をできるだけ多く揃えておくことで、設計者やビルダーさんとのプランニング作業はより深くなり、信頼関係も強固になります。そして、その後の進行もスムーズになっていきます。

 

後日、ご夫婦からは、600もの要望が書かれたメモが送られてきました。それをもとにして図面ができあがり、「終の棲家」が完成したのは、10か月後のことでした。

 

照明イメージ

 

おすすめ図書
住宅をただの建築物として捉えるか、人間の暮らしの場として捉えるかで、家の機能も有り様も理想も違ってきます。「ふつう」とは何かを深く考えてしまいました。
暮らし、身体性からはじまる建築の可能性。
そうした視点で家を考えてくれるプロは、実はそれほど多くはありません。建物ありきではなく、そこに住まう人に寄り添う結果としての空間なのでしょう。著者の眼差しはいつも暮らしの細部まで、やさしく寄り添ってくれます。
どの本でもかまいません。1冊、手元に置いて眺めているうちに、暮らしと家との距離が近くなります。
 
 

    

    

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村