Where we belong.=【家を知る・家に住む・この家で生きる】

そして、私たちの「居場所」について。

子供たちが独立したあとの居間。



f:id:akadk01:20190511132439j:plain

 

夫婦2人に残された広すぎる空間

空間の小間割りはやめましょう。

家はROOMではなくSPACEで。家族の気配が感じられる空間構成がベスト。

居間は家族のためのパブリック空間。

子供部屋は、将来のために可変性を考慮する…などなど、

これまで、いろんなことを書き連ねてきました。

 

振り返ると、果たしてほんとにそうなんだろうかと、いつも壁に突きあたっている自分がいます。

生活は常時清潔でも整理整頓されるものではなく、ほんとうはだらしのなさでできているもの。

 

美しい生活、空間も大事ですが、家族のいちばんだらしのない部分を許容してくれるのも、家の役割なのです。

 

我が家の場合、激変したのが居間の機能です。

いま、家族は、私と配偶者だけ。

配偶者は家で私の事務所の経理をしています。すでに2人の子は独立し、県外暮らし。40坪弱の家にいるのは、夫婦2人だけなのです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花森安治増補新版 美しい「暮し」の創始者 (Kawade夢ムック)
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/6/22時点)

楽天で購入

 

 

我が家はダイニングをあえて設けませんでしたので、くつろぐときも食事も居間。

朝食は10分ほどで終わり、すぐに出勤モード。

出勤といっても、自宅併設の仕事場に移動するだけなので、徒歩10歩ほど。

妻は2階の自室に移動し、居間には誰もいなくなるります。

 

冬は居間の暖房がつけっぱなしですので、もっとも心地よい場所が空になることになります(冬期間は24時間連続暖房で、居間に設置した暖房機1台で2階を含む全館を暖房します。この住宅性能、暖房手法についてはまた別の機会に詳しく書きます)。

 

夜も2人だけの夕食。

夕食はゆっくりとりますが、食べ終わってしばらくすると、また互いの部屋に戻り、居間には誰もいなくなってしまいます。

誰もいなくなった居間をあとにするとき、なんでこんな空間をつくってしまったんだろうと考えるようになってきたのです。

 

 

 

 

音楽家の小さな自宅兼アトリエ。1階は小さなキッチンとアトリエ。2階は最小限のスペースとして居間。どちらも自分の居場所となる。

 

察する文化を育んだ日本伝統の「間」

日本の家にはいろんな「間」があります。

板の間、土間、床の間.続き間、寝間、客間、居間などですが、居間は文字通り、誰かが「居る」部屋で、誰かとはいうまでもなく家族のことです。

 

昨今は居間といわずに「リビング」ということが多くなりましたが、アメリカを含む英語圏ではおおよそ「living room」といい、イギリスでは「sitting room」ということもあります。

 

これもいつかふれますが、日本人が大好きな「LDK」という言葉もこの間取りの概念も、もともとは団地用の設計概念で、世界に例はありません。

 

外国人に「あなたの家は何LDK?」と尋ねても、きっと通じることはないでしょう。

我が家にダイニングを設けなかったことも、そうした枠組みから抜け出しかかったからなのです。

 

伝統的な日本の家では、居間に家族が集い、食事の際はちゃぶ台を設けて食事をし、食事が終れば片付け、お布団を敷いて寝室にするという使い方をしていました。使い回しです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花森安治のデザイン 『暮しの手帖』創刊から30年間の手仕事 [ 花森安治 ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2019/6/22時点)

楽天で購入

 

 

「そんなんじゃ、プライバシーもないし、子どもの自立心も育たない」

という声が聴こえてきそうです。

 

が、日本の家族はそうした空間でも、家族の見るべきことはきちんと観察し、見てならぬものは見ぬふりをし、何もない空間に個々人が自在に壁をつくったり、はずたりしながら暮らしてきたのでした。

 

互いの気持ちを察する文化は、こうした日本ならではの家の構造で育まれてきたのではないかと考えるのは私だけでしょうか。

 

外国の方々からは、何を考えているのかわからない、思っていることを素直に述べないなどと評されますが、言葉を超えて互いの気持ちを察し、理解し合える文化は世界でも相当に高度なものなのです。

 

 

夫婦が互いの寝息が聞こえる程度の距離で、それぞれの居室を持つ。つかず離れず、いい関係。

 

 

居間に誰もいなくなる日が来ても

子供たちが小さなときは、みんなが居間に集まって食事をとり、絵本を読んだり、テレビを観たりするパブリックな空間として機能してきた居間。

しかし、子育ては、あっという間に終了してしまいます。

 

お子さんがまだ家にいるというご家庭も、思春期に入ると、こんな具合に、居間には両親が残るか、誰もいなくなってしまうことも少なくないことでしょう。

 

かといって、居間は不要かといわれればそうではなく、テレビがついていなくても、家族の誰かがそれとなく集まり、さもない会話をしたり、意味もなくだらーんとしている場所は必要なのです。

 

家族の間くらいは、おつきあいをする意味を求めることなど意味がありませんし、それぞれにぐーたらで、だらしなく過ごせる場がないと、社会生活ですぐに息詰まってしまいます。 

 

 

 

ご主人の退職を機に小さな家に建て替え。「座」の暮らしにも「立」の生活にも柔軟にフィットする居間。狭いながらも、天井の高低差をつけ、ダイナミックな空間とした。

 

 

加齢後は家族より「自分」の生き方が最優先

子供たちが家を出ていくと、当然、夫婦だけの時間が増えます。

会社を定年退職したばかりのご主人は、奥様にぬれ落ち葉などと揶揄されながら、つらい日々を送ることもありそうです。

 

子供たちはやがて結婚をし、自分の家庭が最優先になります。

まだまだ元気な奥さまは、できるだけご主人とともにいる時間を避けようと、カルチャーセンターやお買い物、お友だちとの趣味の時間。

こんな場合、一人残されたご主人にとっての居間も、やはり広すぎるのです。

 

相手が好きとか嫌いとかの話ではありません。

 

いつでもどこでも愛し合い、求め合い、おしゃべりしているご夫婦もいらっしゃるのでしょうが、私たち夫婦の「パートナー」観は、いざというとき、力を合わせて乗り切ることのできる信頼関係さえあれば、あとはOK ! 

生涯、互いを尊重しながら自分の生き方を模索しましょう…で共通しています。

 

もちろん、居心地がいいときには、長い時間滞在することもありますし、深夜まで話をしたり、一緒にテレビを観ることもあります。

夫婦なんて、そんなもんです。

 

日本人はいまだ「座」の生活を軸としていて、いくら高級な家具を入れても、1日で床に一度も座らずに過ごせる人はほとんどいないはず。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花森安治灯をともす言葉 [ 花森安治 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/6/22時点)

楽天で購入

 

 

こうしたDNAを持ちながら、自分たちの暮らしが中心の家のつくりではなく「リビング」や「ダイニング」や「LDK」など、有史以来経験したことのない空間に自分の身体性を、わざわざこちら側から合わせていく暮らしは、根本的なところで何かが歪んでいます。

 

家族の間をつないでくれた子供たちが去って、居間に残ったのはテレビです。

居間には誰も「居」ないので「テレビの間」。

 

居間が広い、大きいほうがいいなんてことは、ほんの一時期の幻想、他愛のない若き日の憧れ。

居間もほどほど、家族個々が孤独にならない程度の縄張りも、ほどほどにあるほうが豊かな家になります。

 

こうして考えていくと、使用目的、機能を固定化せずに、曖昧ながらも融通性の高い日本の居間の復権を願わずにはいられません。

 

何より大切なのは、工務店や建築士、家の間取りや構造のあれこれに左右されずに生きる「自分」を確立すること。

 

家はただの器なのです。

 

子供たちが独立したあとは、夫婦2人だけの家になります。このことを強く意識します。

そして、もう一つ。

考えたくはありませんが、夫婦2人の家も必ず、1人だけの家になります。そこで生きていくには何が必要でしょうか。

全て明確に計画することは不可能でも、そうしたことまでプランにそっと潜ませておくか否かで、必ず、家の何かが違ってきます。

 

私たちが目標にすべきことは、意外と、見えないことが多いようです。

 

f:id:akadk01:20190521074921j:plain

 

 

 

 

おすすめ図書

 向田邦子(むこうだ くにこ)(1929-1981)。

人気TV番組「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」など数多くの脚本を手がけ、1980年『思い出トランプ』に収録の「花の名前」他2作で直木賞受賞。

 

   

 

いちばんのお気入りはやはり「父の詫び状」です。

若い世代にもいまだ人気なのは、薫り高い文章はもちろん、どの本を開いても昭和の家の匂いに包まれた、濃厚で危うい家族のかたちが立ち上がってくるからでしょう。

 

 

 

その危うさや揺れに、読み手は自分の揺れを重ねて読むのです。その揺れは、家族の揺れでもあります。家族は最初からそこにあるもののではなく、「する」こともあっていい。そんなことを教えてくれた作家です。 

 

■ 

格安航空券予約サイト-skyticket.jp -で快適な帰省の旅!

 

あなたに合わせてお家が変わる。リノベーションならLOHASstudio

 

防災士厳選の防災グッズ43点セット

 

LIXIL公式オンラインショップ

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村