Where we belong.=【家を知る・家に住む・この家で生きる】

そして、私たちの「居場所」について。

【マローンおばさん】=ここではない「どこか」を求めてさまよう、私たちの居場所について。

// 私たちはいつも、ここで生きながらどこかを求め、誰かといながら孤独を感じています。あなたのほんとうの居場所は、と問われて黙り込んでしまう人は、いったい、どれくらいいるでしょう。そんなときに、闇に覆われた心にぽっと灯りをともしてくれるのが「…

【住宅性能】=UA値とかC値のことを学ばずして、家づくりを始めてはいけません。冷暖房効果を劇的にアップさせるための基本の基本。

// 地球温暖化危機が叫ばれ、改めて、世界中がエネルギーとCO2削減を見直す機運が高まっています。しかし、日本の家庭分野でのエネルギー消費は増加の一途。懸案だった改正省エネ法の義務化も見送られ、世界中から冷たい視線が注がれているのは周知の通りで…

【節水】=水に恵まれた日本が、実は水の輸入大国だったという話。

// 日々の生活ではいうまでもなく、宗教や文化の面でも、水との関わりを大切にしてきた日本人。きれいな水が大地を潤し、食材を育て、街をつくり、健やかな人を育んでもきました。しかし、水と空気はタダだと思っているのは、どうやら日本人くらいかもしれま…

【縁側とご縁】=「幸も不幸も喜びも  悲しみさえも丁度よい」という仏様のことばに納得する。

// 縁側の「縁」、人と人との「縁」。同じ「縁」にも「ふち」や「へり」があり、「えん」も「ゆかり」もあります。「縁側」のある家への憧れがありましたが、いい「ご縁」にも憧れます。人のみならず、お金や地位との「ご縁」にもあやかりたいのが、人間の弱…

【五感】=スペックよりも身体が「感じる」ことに、家づくりのキーワードが潜んでいる。

// 性能や設備の優劣、空間やインテリアの美しさだけではなく、私たちは五感、いえ、第六感までも駆使して、瞬間瞬間の家からのメッセージを、全身で感じようとします。これから家のことを計画する人は、耐震性、断熱性などを裏付けのある数値を求めることと…

【100万回生きたねこ】と【星の王子さま】に共通するのは、あらゆる生命への誠実さかもしれない。

// 雪の季節になると、必ずページを開きたくなる本があります。「100万回生きたねこ」(作・絵 佐野洋子 講談社)と「星の王子さま」(サン=テグジュペリ 新潮文庫ほか)です。この何十年、毎年この季節にだけ読み返している、宝物みたいな2冊。意味や答え…

【家庭内事故】=新型コロナが注目される裏側で、少しも減らない家での死亡リスク。

// 世界中が未知なるウイルスによる危機に直面しています。医療の現場は崩壊寸前といわれますが、崩壊の原因はウイルスだけにあるのではありません。以前から改善されず放置されてきた潜在的なリスクに、新たなリスクが上乗せされたリスクが怖いのです。 Con…

【お金】=たった1日「お金を使わない日」を実践するだけで見えてくる暮らしの原点。

// 遊園地に行かなくても、近くの小径で樹木や草花を愛でることができます。ファミレスに行かなくても、子どもたちとカレーやホットケーキを作る楽しみは格別です。高価なゲームや玩具より、パパやママと「家」で過ごす時間が記憶に残るかもしれません。お金…

【予算の編集】=家づくりを成功させたかったら、間取り図で考えるのはやめる。予算を削って「家」をめぐる旅をする。

// 漢字もひらがな、カタカナも、もとはといえば縦書きで記されることを前提にデザインされた文字です。しかし、このブログがそうであるように、いまや日本人の誰もが横書きでメッセージを表わしている時代。日本語、編集の原点を辿ると、家づくりにも意外な…

【住空間】=沈黙が聴こえてくる家。空間が微笑んでくれる家。

// 過剰な情報をもとに、詰め込めるだけ詰め込まれた機能にあふれた家は、饒舌すぎてつまらない。空間にふれることのできる家、沈黙からゆたかさが聴こえてくる家、身を委ねると静かに微笑んでくれる家。そんな家をつくることができたら、どんなに素敵なこと…

【家づくり】=パンフレットにも営業マンの言葉にも惑わされない。たった「50」のメモで、世界に一つだけのわが家を建てる。

// キーワードをいくつ自分のものとして抽出し、保持できるか。どんな仕事でもそうですが、家づくりも例外ではありません。いくつもの言葉を持ち、その言葉からビジュアルを生成し、建築という三次元に立ち上げる。このプロセスが、家づくり成功の秘訣といえ…

【省エネ・冷房】=電気代を限りなく安く爽やかな空間を実現する、エアコン連続運転と住宅性能との濃密な関係。

// 暑い夏は、まずエアコン。しかし、帰宅してすぐにスイッチを入れても、なぜか涼しくならないのはなぜなのか。24時間、省エネでえ涼しさを得る基本は、まず日射を室内に入れないこと、そして躯体の断熱性の向上、そしてエアコンの連続運転なのです。 Conte…

【ガラクタ整理】=賎しげなるもの、人にあひて詞(ことば)の多き。モノについては、一度に処理するはひとつ、礼をもって捨てるべし。

// 収める、整理する、片付ける。わかってはいますが、それができないモノとのつきあい。捨ててしまえば済むのでしょうが、それができないのです。捨てられない、片付けられない気持ちの心理、ガラクタと化していくモノたちが人生に与える影響。 Contents 10…

【居場所】=帰りたい場所、帰るべき場所、幸せな「うち」、そして時間。

// 帰りたい。ふと、そんなことを想う瞬間があります。私たちの帰属すべき場所や時間が、私たち自身の内側の知らないところに、刻まれているに違いありません。家の性能やデザインも大事なことですが、私たちがほんとうに大事にすべき居場所と時間を考えます…

【空間の重心】=その家族の積み重ねてきたものからしか生まれない空間があります。それが固有の美しさ、本当の個性。

// 家とは本来、自分の好きなもの、気持ちのいいものが詰まった空間であるのが理想的です。疲れた身体と心をやさしく包み込んでくれるのは、とっておきの「きれい」の束。気どらず、気張らず、普段着の自分でいながら、日々、「きれい」を感じるために必要な…