Where we belong.

家を知る・家に住む・家で暮らす、そして私たちの居場所について。

編集者がすすめる、家づくりの前に読んでおきたい本(1)。

日本の学校教育には長らく住宅に関する教育カリキュラムはありませんでした。これだけ素晴らしい伝統を持つ建築技術と生活文化がありながら、かねてから不思議に思ってきたことです。建築を専門とする大学教育でも、構造を学んでも温熱環境について学ぶよう…

自分の「縄張り」を確保するコツ。

// ヤマアラシのジレンマと「パーソナルスペース」 // 2匹のヤマアラシが、ある日、嵐にあいました。体を寄せ合って温まろうとしましたが、それでは互いのトゲで相手の体を刺してしまいそうです。離れると寒い。くっつきすぎると危ない。そこで、ヤマアラシ…

窓はデザイン+性能で選ぶ。

// 開ける窓と閉じる窓 // 日本における窓は「目戸」あるいは「間戸」が起源。壁はもともと非耐力壁でしたので、大きくとっても問題にはされず、柱と柱の間が全部開口部になっている建物は、いまも全国各地で見ることができます。 代表的な「目戸」は縁側で…

現代風「ハレ」と「ケ」の復活。

// // 日本の家から家族の儀式が消えた お正月が終わったかと思うと、節分、ひな祭り、今度は端午の節句とイベントが続きます。その都度準備に大変ですね、といいたいところですが、いまどきのお父さん、お母さんからは「いいえ、別に」という返事が少なくあ…

照明は「闇」の演出と心得る。

// 明るさと闇の間が消えつつある暮らし // インド北部のあるいなか町を歩いていたときのことです。 現地で知り合った人から夕食に誘われ、郊外のご自宅におじゃますることになりました。 駅で待ち合わせをし、そこから細い道を縫うようにして家に向かいます…

土間の「間」を現代の住宅で応用する。

// 住居のはじまりは「土間」から 昔の町家や農家にうかがうと、土間が広くとられています。土の間、つまり土でつくられた空間ですが、土といってもただの土ではありません。土や砂利に石灰、ニガリなどを混ぜ、固めたもので、3つの材料を使うことから、三…

温熱環境は「北海道」レベルを最低基準に。

// 「工法」よりも「性能」とビルダーの実績で判断する 日本の住宅の工法で代表的なものは木造軸組み工法ですが、ほかにもツーバイフォー工法、プレハブ工法、RC造などの工法があります。 ここでいう工法はいわば「骨組み」ですが、温熱環境を決定づける断熱…